覚えておきたいアラブ世界の独特なジェスチャー7つ(後編) 1


ecom olfa

 

Ecomのオルファです。前回、アラブ世界のジェスチャー7つのうち3つを紹介しました

今回は、その続きです。

その4「ほんの少し」

phalange2これは「ほんの少し」という意味のジェスチャーです

アラブ世界では、親指で指の骨を指すことで物の量を示します

逆に、手のひら全体を見せると「いっぱい」「丸々一個」といった意味になります。市場で商品(例えば香辛料など)を少しだけ買いたい時は、親指で人差し指の1つ目の指骨を指して見せてください。

その5「いいえ」

leこちらは少し難しいゲスチャーなのですが、非常に大切です。このジェスチャーは「いいえ」「嫌だ」といった否定の表現です

頭を少しだけ後ろに下げて舌を口蓋(こうがい)に付けるだけです

このジェスチャーには2つの種類があります。
・1つは目を少し閉じながらこの動きをするパターンです。
・もう1つは舌の動きに合わせて少し音を出すパターンです。

このジェスチャーはアラブ世界では全く失礼ではないので、された時にはビックリしないでください

その6「仲良し」

sou7b両手の人差し指を近づけるジェスチャーは「仲良し」という意味です。場合によっては「恋人」の意味にもなります「私たちはすごく仲良しです!」と言ったり、「あなた達は恋人ですかと聞いたりする時に使えます

その7「何もないです」

nanimonaiこれは「何もないです」というジェスチャーです。両手の手のひらを見せて、右手で左手の表面を拭く様な動きをします

例えば店員さん「この商品はまだありますかと聞いた際に、返事でこのジェスチャーをされたら「もう売り切れました。」という意味になります

番外編「威嚇のサイン」

Video call snapshot 42nwarrik

最後に、注意してほしいジェスチャーを紹介します。

日本「OK」を表すジェスチャーはアラブ世界では威嚇脅威を意味します人を威嚇する時や、相手と喧嘩する時に使うジェスチャーです。間違えて使うと誤解される恐れもあります

了解を表現したい時には普通に親指を上げてください!(いいね!)

いかがでしたかアラブ地域に旅行する際、もし言葉がわからなかったら、ジェスチャーを使ってみてください現地の人ともっと仲良くなれますよ
「これはどういうジェスチャーで表現すればいいの?」といった疑問がありましたら気軽にコメントしてくださいね!それがあれば答えます

補足情報:

アラビア語ではジェスチャーを意味する言葉が2つあります

إشارة イシャラ
イシャラはアラビア語で「わからせる」という意味です。基本的にルールのあるジェスチャーのことを指します。
例えば運転の表示( اشارات المرور イシャラト・エル・ムルール)、手話 (لغة الإشارة ルガト・イシャラ)といった言葉にも使われていますね。英語でいう「サイン」のようなものですね

حركات ハラケット
ハラケットはアラビア語で「動き」と言う意味です。ルールとは関係なく、身体を使って表現することを示しています。アラブ世界では身体を動かしてジェスチャーを沢山することは良いことだと考えられています。ハラケットの語源は「才能」「知識」に近い意味です。「体を使う人が頭のいい人」と思われているんですね

今回の記事いかがでしたか?
Ecomアラビア語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでアラビア語学習に役立つ動画が見放題。


ミリ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

One thought on “覚えておきたいアラブ世界の独特なジェスチャー7つ(後編)