2014年1月14日は、ムハンマドの誕生日!? 1


Ecomアラビア語Olfa
こんにちは~。イーコムアラビア語のオルファです!
皆さん、今日はイスラム教にとって特別な日ですが、何のことだかわかりますか

今日はイスラム教の預言者ムハンマド(صلى الله عليه وسلم)の誕生日ですキリストの誕生日12月25日は知っていても、ムハンマドصلى الله عليه وسلمの誕生日は知らない人が多かったのではないでしょうか
アラビア語ではこの日を المولد النبوي(アル・マウリッド・アンエベウイ:預言者の誕生日)と言います。つまり、イスラム教のクリスマスですね^^

この日はアラブ世界のどの国でもお祝いをしています。イスラム教徒の大事なお祭りです
イスラム教のクリスマス ムハンマドの誕生日ムハンマドصلى الله عليه وسلمの誕生日は正確にはわかっていませんが、ヒジュラという出来事があった日(622年7月16日)を記念日にしています。また以前お話したように、アラブでは太陰暦が伝統的に使われていたので、毎年日付が変わっていきます。(太陰暦だと1年は354日です。)

ということで、2014年は1月14日がムハンマドの生誕祭の日になります。
そこで今日は、この日の流れを説明させて頂きたいと思います^^

この習慣は1000年以上前から存在するらしくて、エジプトのカイロ、ファーティマ朝という王朝で始まったそうです
この日は元々、パーティーなどはあまりやらず、ただムハンマドصلى الله عليه وسلمのことを思い出す日です。アラブ世界ではほとんどの国でこの日は休日となります。
ただ現在では、宗教に関するお祭りではなく、アラブの伝統や文化に関するお祝いと考えられています!なのでアラブ地域ではイスラム教以外の、どんな宗教の人も家族で集まって、料理を作ります。モスクなどへ行く機会というよりも、アラブ文化を祝うために家族で集まる機会だと言えます

イスラム教のクリスマス ムハンマドの誕生日に食べるアッシダト・ズグーグー例えば、チュニジアではこの日しか食べられない料理があります!私も周りのチュニジア人と同じく、毎年 المولد النبوي(アル・マウリッド・アンエベウイ)の日には家族全員で集まって晩御飯を食べます。その時には必ず、このスペシャルな料理が出てきます

イスラム教のクリスマス ムハンマドの誕生日に食べるアッシダト・ズグーグーそれはعصيدة الزقوقوアッシダト・ズグーグーという料理です。今日しか食べられない料理なので、紹介したいと思います

عصيدة الزقوقوアッシダト・ズグーグーはチュニジアのデザートです。材料は主に、潰されたクリーム状のアレッポマツ(地中海に自生するマツの1種)です。
その上に牛乳のクリームをのせていって、最後に潰されたナッツ(クルミ、ハシバミ、クリなど)やバラの水などをかけていきます。とてもシンプルなのですが、材料の量や割合によって味がかなり変わります。また飾りも自由なので、家庭によって色々な味や見た目عصيدة الزقوقوアッシダト・ズグーグーができます

イスラム教のクリスマス ムハンマドの誕生日に食べるアッシダト・ズグーグーそのため皆、親戚や友達の家に訪問してعصيدة الزقوقوアッシダト・ズグーグーの交換をします。だからチュニジア人はこの日が大好きです
私は昔、子供の頃にお母さんに「アッシダト・ズグーグーは美味しいのに、なんでアル・マウリッド以外の日には作らないの?今作ろうよ」と言ったことがあります。そしたらお母さんいつも作ったら、飽きちゃって面白くないでしょう?伝統を守らないとね。」と言われましたね
ほとんど同じ材料なのに、毎年違うデザートになるのは不思議ですよねこれはアラブ人が、「伝統を守りながら、個性を出そう」という考え方を持っているからですね^_^

に食べることができるのは、来年ですね~。早く来ないかな~(笑)

今回の記事いかがでしたか?
Ecomアラビア語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでアラビア語学習に役立つ動画が見放題。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

One thought on “2014年1月14日は、ムハンマドの誕生日!?