アラブ世界でオリジナルの楽器Best5(後編) 1


olfa

こんにちは、Ecomのオルファです。

今日は月曜日に続いて、アラブ世界の伝統的な楽器を紹介したいと思います。

 

 

その3- الدربوكة ダルブカ(الطبلة タブラ)

 

アラブ世界でオリジナルの楽器Best5(後編)

 

こちらは、一番覚えておいてほしい楽器です!
北アフリカやアラブ世界全体ではダルブカ(دربوك)と呼びますが、中東の方ではタブラ(طبلة)と呼ぶことが多いです。ちなみに「中東」はエッサルク・エル・アウサト(الشرق الأوسط)と言います。

ダルブッカは紀元前1100年くらいから使われ始めたそうです。どの楽器も、長い歴史があるんですね。
ダルブカが他の楽器と大きく違うのは、アラブ人はほぼ全員がダルブカを演奏することができることです!アラブ人にダルブカを渡せば、みんな何曲か演奏できます。
なぜかと言うと、ダルブカはどこの家庭にも置いてあるからです。形も綺麗だし、自分で作ることもできます。基本的に器の上に皮を敷くだけなので、簡単ですね。しかも買う場合にも、手頃な価額で手に入ります。このような理由で、アラブ人は子供の頃から自宅でダルブッカを演奏して、歌っています。私の場合もチュニジアの実家や、親戚の家やお友達の家にはいつもダルブカが置いてありました。
逆にダルブカがない家はすごく不思議に見えるくらい、アラブ人には欠かせない楽器です^^

 

その4- القانون カーヌーン

 

アラブ世界でオリジナルの楽器Best5(後編)

 

カーヌーンは伝統的な弦楽器ですが、演奏するのが非常に難しいです。そのため、普段は目にしない楽器です。ウードの方が知られていますが、カーヌーンも同じくアラブ古典音楽を代表する楽器です。ギターよりも弦の数が多くて、78個も付いています。

 

アラブの交響曲では、ほとんどがカーヌーンのリズムをベースにして演奏されます。こちらを聞くと、とてもアラブっぽいと思いませんか?

 

アラブ世界でオリジナルの楽器Best5(後編)
写真の女性はアラブ世界で有名なカーヌーン演奏家、レバノンのイーメン・ホムスィー(إيمان حمصي)です。「カーヌーンのお嬢さん」(سيّدة القانون)と呼ばれて愛されていましたが、2013年に45才で亡くなってしまいました。
彼女は7才からカーヌーンを始めましたが、10本の指全てを使って演奏できることで有名になりました。普通は人差し指と親指だけで奏でて、他の指はあまり使いません。

 

その5- الريق リック

 

アラブ世界でオリジナルの楽器Best5(後編)

 

リックは伝統的なアラブのクラシック音楽でよく出てくる楽器です。また、アラビア語圏の全ての地域で使われています。さっき紹介したダルブッカ(الدربوكة)と似ているように見えますが、皮の音がかなり違います。なぜならリックの皮は、魚(サメなど)の皮で作られているからです。形も違うし、円盤(シンバル)が付けてあることで独特の音になります。
古代アラブ音楽から、リックは大体の場合で歌手の人が使っていた楽器です。歌いながらリズムを刻むことができますからね。しかも持ちやうし楽器なので、歌いながら踊りながら演奏するのにピッタリです。

 

アラブ世界でオリジナルの楽器Best5(後編)

 

アラブの楽器紹介は以上になります。いかがでしたでしょうか?
ご意見、感想がありましたら、ぜひコメントお願いします。お答え致します^^

 

今回の記事いかがでしたか?
Ecomアラビア語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでアラビア語学習に役立つ動画が見放題。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

One thought on “アラブ世界でオリジナルの楽器Best5(後編)

  • ぼくねんじん

    http://www.imdb.com/title/tt1843853/

    はじめまして、こんにちは。

    上に表示されているURLは『Baba』というドイツ・モロッコ共作映画のレビューです。他の記事を探してみましたが極端に少なく、文化の違いで理解の難しい部分が多く残りました。

    内容は無人の砂漠に張った簡素なテントで生活する夫婦の物語です。二人の間には双子の赤ちゃんが生まれますが、食糧事情が悪く、二人は育てられないと、一人を他所に預けます。しかし、残した方の赤ん坊はやがて死んでしまいます。嘆き悲しみますが、生き残ったもうひとりの赤ん坊はその夫婦に返してもらえます。その生き残った赤ん坊が成長し、今や老人に成った彼の物語のようでした。

    映画の中で、モロッコ人のその男性が吹いていた楽器について知りたいのです。小型の吹奏楽器の名称です。と言っても映画を観ていない方には形状については解らないでしょうが、中東アラブ圏では一般的な楽器だと思われます。半円状に反つた薄い二枚の板状のものを重ね合わせ、繋いたものを口に当て、震わせ音を出す楽器の様です。日本や西欧では一般的に観る事はありません。その先端は円筒の物で長さは100ミリ~150ミリ程度でしょうか、素材は何かの動物の骨で出来ている印象です。長文でごめんなさい。

    よろしくお願いします。