アラブの名言、諺『知恵をゆりかごから墓場まで求めて』


ecom olfa

 

皆さんお元気ですか?Ecomアラビア語のオルファです。今日のアラビア語名文は、人を育てることに関する言葉です^^
では、早速見ていきましょう!

 

第36回

اطلبوا العلم من المهد إلى اللحد

「オットラブ―・エル=ゲルム・ミン・エル=メヘド・イラー・エッラハド」
(知恵をゆりかごから墓場まで求めて)

water

★単語★

 

(اطلبوا(طَلَبَ オットラブ―(タレバ)=求めて(求める)
العلم (エル=ゲルム)=知識
إلى~من~ (ミン~イラー~)=~から~まで
المهد (エル=メヘド)=揺り籠
اللحد (エッラハド)=墓場

 

さて皆さん、この名文はどういう意味か分りますか?
「墓場」なんて入っている名文は怖く聞こえるかもしれませんが、特に怖いニュアンスはふくまれていません。これはただ「一生、常に」という意味です。なので、今回の名文は「知恵、知識を一生探すべき」という意味です。
アラブ人の社会では、物知りであることは当たり前、というか必須です。なので、それに「満足する」ことは悪いものとされています。もちろん自分がある物事に対して知識や自信を持っていて、それを発言するのは悪いことではありません。でも、自分が今知っていることに満足して威張るのはダメです。個人がある一つの分野にどれだけ詳しく知っていようとも、世界の神秘に比べれば僅かです。「もう十分勉強した」と思って現状に満足して、「これでイイや」と思わせない様に注意する諺ですね。

 

知識には果てがなく、勉強は学生である間だけするものではありません。生まれてから死ぬまで、どんな時でもどんな場所でも、色んなことを学び続けることが大切ですよね。

例えば言語の勉強でも、ある程度話せるようになって「まあ、こんなもんでいいか」と思うのはもったいないと思いませんか?きっと、もっと上手に話せるようになれますよね。このように、語学や知識には終わりがありません。なので、死ぬまで常に成長していくしかありませんね。

ちなみにアラビア語で「إِنْسَان エンサン」(人間)は「忘れがち」という意味でもあります(笑)アラビア語で「忘れる」「انسى エンサー」です。

 

皆さん、アラブ人の勉学に対する考え方をどう思いましたか?

今回の記事いかがでしたか?
Ecomアラビア語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでアラビア語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。