ナンバープレートでアラブの文化がわかる?(北アフリカ編)


ecom olfaこんにちは、Ecomのオルファです。
皆さんの中に、ドライブが好きな方はいらっしゃいますか?私はバイクでドライブするのが大好きです!風景を見ながら運転するのは、気持ち良いですよね^^

このブログでもよく書くように、アラブ世界では変わった景色が色々あります。ドライブをしながら珍しい景色を探してみることはおすすめです。ちなみに(もちろんアラブ世界のどこかにもよりますが)アラブ世界では、ほとんどの人が運転をします。バスや地下鉄は、あんまり使われていません!

 

そこで今日から、アラブ世界での運転ルールをいくつか紹介したいと思います!
まずは、アラブ世界の「ナンバープレート」についてお話します!アラブのナンバープレートがどうなっているか、知っている人はほとんどいませんよね?(笑)

 

アラビア語で「ナンバープレート」は「مركبات」と言います。

لوحة(ラウハー)=プレート、板
مركبات(マルケベート)=乗り物

 

なので、「乗り物の板」と言う意味です。

では、各国のナンバープレートに何が書いてあるのか見てみましょう。

 

1-モロッコ المغرب

morocco plate

こちらはモロッコのプレートです!モロッコや他のマグレブ国(北アフリカのアラブ圏)はフランス語が第二言語なので、アラビア語やフランス語で書かれていることが多いです。
例えば「モロッコ王国」は「المملكة المغربية」「Royaume du Maroc」(仏語)で書かれてあります!これはマグリブに共通する特徴です。なので、フランス語を少しでも話せれば何の問題もなくマグリブ旅行が出来ますね。
使われている数字も普通のアラブ数字です(アラブ世界では普段、インド数字が使われています。)ただ、プレートの文字はいつもアラビア語です。今は「أ」(A)です。「أ」字の後にある数字がモロッコの州番号です。
因みに、黒色のプレートは警察(または軍隊)の印です。見かけたら気を付けてくださいね(笑)

 

2-チュニジア تونس

tunisia

こちらはオルファ母国のチュニジアのプレートですよ!チュニジアのナンバープレートはとても簡単です。まず、色はいつも黒です!モロッコのように黒=警察ではないですよ(笑)

また、プレートが青色の自動車は「レンタル車」という意味です。

真ん中に書いてある「تونس」は「チュニジア」を意味します。チュニジアはとても小さい国なので、真ん中は毎回国名だけなので全然大丈夫ですよ。いつも【(数字)تونس(数字)】です。

ちなみに、最初の数字は車の年齢です。なので、これが小さければ小さいほど車が古いですよ(笑)例えば、2008年産の車は「131~136」です。写真の車は「136」なので、2008年に作られた車ですよ。

 

今回は以上になります!次回をお楽しみに~!^^

 

今回の記事いかがでしたか?
Ecomアラビア語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでアラビア語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。