1日の食事例からみる香港の食文化 2


 

大家好!Ecom中国語ネットです(^・^)

今日は、定番のテーマについてお話します。それは…食べ物のことですね(笑)皆さんは、どのような食べ物が好きですか?(大家喜欢什么食物呢?)

日本人は朝、昼、夜と食べている物が違いますね。では香港人の3食に、皆さんはどんなイメージを持っていますか?今日は、香港人の1日の食事の流れを紹介します。一体どんな香港の朝ご飯、昼ご飯、晩ご飯を食べているのでしょうか?

 

朝ご飯:蛋挞(エッグタルト)

 

1日の食事例からみる香港の食文化

 

香港では、パン屋さんでエッグタルトを買うことができます。ほとんどの朝ご飯でパンを食べている人は多いです。エッグタルトは人気で、必ず買っている人も結構います!早く行かないと、売り切れる場合も多いですよ。それから、飲茶のレストランも時々エッグタルトを提供しています。実物は写真で見るより小さいです。後はなんと、KFCもパステル・デ・ナタ(ポルトガル風エッグタルト)を売っていますよ!

 

1日の食事例からみる香港の食文化

KFCのパステル・デ・ナタです。チェーン店にしては美味しいと評判です。

 

昼ご飯:葱油雞扒撈丁面(玉ねぎと鶏を混ぜ合せた(出前一丁)麺)

 

1日の食事例からみる香港の食文化

 

これは、茶餐廳という歴史の長いレストランの有名料理です。この撈丁面という料理と鴛鴦という飲み物(コーヒーと濃いミルクティーをミックスした飲み物)は、茶餐廳で開発されました。茶餐廳は10年前に支店ができ、内装は古い本店を真似して作りました。撈丁面は味が濃くてすごく美味しいですが、少し不健康ですね。
ところで、撈丁面の「丁」は日本のインスタントラーメンの出前一丁の「丁」から取っています。ですが実際、茶餐廳で使われている麺はほとんど出前一丁ではないです(笑)ただある時期から、出前一丁に変更できるようになって(30円プラスにかかります)、とても人気になりました。
出前一丁は茶餐廳だと、高級な麺になるんですよ!(笑)ちなみに撈面の料理は、爽やかな麺を使ってあるほうが美味しいです。

 

 

晩ご飯:家庭料理

 

1日の食事例からみる香港の食文化

 

中国の家庭料理は、家族の人数が少なくない場合は肉、魚、野菜で3皿の惣菜を作ろうとします。あとは日本と同じように、スープと白飯です。スープは味噌汁ではなく、毎日味が違います。人気なのは、赤と緑のニンジンを使ったスープや、トマトと魚のスープなどです!それから惣菜は、鶏肉の手羽などが定番です。家によっては母親ではなく、家政婦さんが作ってくれる場合もあります。

今回の記事いかがでしたか?
Ecom中国語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトで中国語学習に役立つ動画が見放題。

Clickして情報を共有する
Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “1日の食事例からみる香港の食文化