香港人はなぜ英語がうまいのか?


 

大家好! Ecom中国語ネットです。( ^-^)/゛

 

皆さんは今、何か外国語を勉強していますか?香港人は、実は書くだけなら中国語より英語のほうが得意です。

ご存知のように、香港はイギリスの影響を大きく受けています。学校で使う言語によって言語力は変わってきますが、幼稚園から大学まで、学校では英語を使う人も珍しくはありません。ちなみに広東語は、話すことと聞くことに関してはあまり問題ないです。ただ、中国語で文章を書くことは、学校での作文の宿題以外にはあまりしたことがないです。英語の方をよく使う香港人は、どれくらいいるのでしょうか?また、香港人はなぜ英語が上手なのでしょうか?

 

香港人はなぜ英語がうまいのか?

 

2013年政府調査 (対象:6才~65才の香港に住んでいる人)

 

母語 広東語:90.3% 普通語:3.2%(普通語=中国語?残りは「その他」?)
とても得意・得意・普通・苦手・分からない (と思う)
話す 英語: 5.1%・18.6%・36.9%・22.0%・17.4%
普通語: 5.8%・18.3%・39.8%・23.9%・12.2%
広東語: 53.1%・32.8%・11.3%・1.2%・1.6%

書く 英語: 5.0%・19.2%・37.5%・21.5%・16.8%
中国語: 23.7%・42.8%・28.6%・2.4%・2.5%

 

母語である広東語を「とても得意」とする人が半分を占めるのに比べると、英語の「得意」レベルはそこまで多くないです。仕事の場面で使うことができれば十分だと推測できますね。香港人の英語と普通語のレベルは、ほとんど同じであることもわかりますね!
それから予想通り、香港人が中国語で書くことを「とても得意」(23.7%)とする割合は広東語で話すことを「とても得意」(53.1%)とする割合より、かなり低いです。

日本人と同じく、香港人は仕事のために英語を勉強する人がかなり多いです。

英語を勉強している人の割合(対象:15才~65才香港に住んでいる方)

 

話す 英語:61.5% (普通のレベル以上:60.6%)
普通語: 28.4% (普通のレベル以上:63.9%)
書く 英語:83.4% (普通のレベル以上:61.7%)
中国語:10.7% (普通のレベル以上:95.1%)

この数字を見ると、香港人は英語のレベルがかなり高いですね、約60%は普通のレベル以上で使えます。また61.5%の人が話すこと、83.4%の人が書くことを勉強しています!
「わからない」レベルの人は、勉強する傾向があまりないのであると思われます。つまり、香港人は教育によって英語を普通に使える上に、英語を勉強している傾向も強いです。

もう1つ、面白い調査があります。(対象:18才~65才香港に住んでいる方)

 

母語が英語ではないけれど、子供に英語で話す割合

 

よく・時々・たまに・使わない
13.7%・35.9%・21.9%・28.6%

 

香港人はなぜ英語がうまいのか?

 

香港人は英語をすごく重要視しているので、自分だけではなく子供に勉強させるために、一緒に英語で話します。大変ですね。

以上のデータを見ると将来、香港人の英語レベルはさらに高くなると思われます。
皆さんも、中国語だけでなく英語も勉強しましょうヾ(´∇`)ノ゙

 

突然ですが、Ecom中国語通信のブログは本日が最終回となります。今まで中国や香港の色んな情報を紹介してきましたが、いかがでしたか?皆さんの役に立ったのなら、とても嬉しいです。

中国語を覚えて、楽しく過ごしてくださいね!できればEcomで勉強してね!(笑)

では、さようなら~^_^

 

今回の記事いかがでしたか?
Ecom中国語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトで中国語学習に役立つ動画が見放題。

Clickして情報を共有する
Share on Google+4Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。