オーストラリアのアイコン「チコロール」とは?


staff10

Hello All! Are you well today? Ecomのマックスです。
この前紹介しましたが、オーストラリアではミートパイが一番人気です。
ただ他にも、ペストリーの中に「オーストラリアのアイコン」と呼ばれている料理があります。それが「チコロール」です。
「チコロール」は中華料理の春巻きに由来する食べ物で、キャベツ、人参、セロリと牛肉を揚げて作られたペストリーです。

 

オーストラリアのアイコン「チコロール」とは?

 

でも、どうしてこの食べ物がオーストラリアのアイコンになったのでしょうか?
1960年代、オーストラリアの男性はスポーツを見ている時に片手で持って食べられる料理を欲しがっていました。もう片方の手はビールを持っていますからね笑
それで、ビクトリア州に住んでいた人が普通より太くてカロリーが高い春巻き「チコロール」を作りました。そしたらすぐ大ヒットになって、1970年になると1年でなんと4000万本も売られるようになりました。その頃は、オーストラリアのどこに行っても「チコロール」がありました。しかも日本でも人気で、1年で100万本が輸出されたそうです。

ただチコロールは、2000年代に入ってからどんどん人気が下がっています。最近はヘルシーでおしゃれな食べ物が人気なので、チコロール時代の好みに合わないようですね。現在はあまりお店で売られていませんが、スーパーで冷凍食品を買うことができます。

皆さんはチコロールを食べたいと思いますか?実は、僕は一回も食べたことありません。ちょっとまずそうだし、健康に悪そうなので食べたいと思ったことがありません(笑)
でもオーストラリアのアイコンだし、気に入る人は間違いなくいると思います。なので、皆さんがオーストラリアに行った際にはぜひ食べてみてください!^^
それでは、Have a great day! Bye!


今回の記事いかがでしたか?
よろしければ、Ecomの各種サービスも併せてご活用ください。
Ecomオンライン英会話  ・Ecom子供向けオンライン英会話

無料英単語学習アプリ「Memory」 ・Ecomの無料英語学習動画


maxforest

About maxforest

オーストラリアのシドニー出身。高校時代から現地で日本語の勉強をはじめる。ITに強く、ITと日本語を掛けあわせた新しい語学教育を取り組む。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。