新CEFR(セファール)は、11レベル、7技能へ


CEFR(セファール)という、外国語習得指標を聞いたことがありますか?

よく、(主に、イギリス、アイルランド、オーストラリア)へ留学する際に、

『CEFRレベルB2をクリアしてください。そのためには、IELTSスコアだと6.5をクリアしてください。TOEFL換算だと・・・』といった文言があったり、

留学先の語学学校のクラス分けで、『あなたは、A2レベルからスタートしましょう。』と言われたりします。

CEFRは、もともと欧州の外国語学習者への基準値として使われ、それが日本でも大学受験への目安として、一気に広まりました。

ですので、欧州の企業にResume(履歴書)を出す場合、あなたの語学力で、例えば、英語B2、日本語C2

といった感じで出すこともあるので、内容について、興味がある人は知っておいたほうがいいでしょう。

 

そのCEFRが、最近2018年に、改定されました。

大きくは、下記2つ。

1.レベル分けが、4つから11へ細分化

これまで、BasicなAレベル、IndependentなBレベル、ProficiencyなCレベルと3つに大別し、それぞれ2つに分ける、計6ベルからなっていました(A1, A2, B1, B2, C1, C2)。

これに、まず、初学者、旅行者レベルのPreA1(A0)を入れます。

そして、C2よりさらに上、ネイティブ同等のAbove C2を増やしました。

私達日本人は、基本、日本語Above C2ですね!

これで8レベル。

そして中間のA2, B1, B2をそれぞれ2つにわけ、全体で11レベルに増やしたました。

Ecom levelも11レベル(全体33)なので、偶然、当校のレベル基準と相関するようになりました。

CEFRが、当校ECOMの評価基準に追いついてきたという感じでしょうか?!(笑)。

2.4技能から7技能(6技能)へ

  • Listening comprehension,(リスニング理解

  • Reading comprehension, (読解力)

  • Spoken interaction(やりとりしながら話すこと),

  • Written interaction,(応答返信、メール、SNS)

  • Spoken production(発表形式、プレゼン),

  • Written production, (topic作文, essay)

  • Mediation(仲介、複数話者、複数言語者との対話)

 

4技能といえば、読む、聞く、話す、書く

でした。

ただ、これだけだと、現代のニーズを満たすことができないということで、

話す、書くを、それぞれ、発表型と、双方向型に2分類しました。

これで、4つから6つに増えました。

これに、Mediation(仲介)という項目を加えて7スキル判定となりました。

正直、最後のMediationは、移民の多い欧米ならではという形なので、どこまで日本で重視されるかわからないので、6技能重視でみていく方向に、日本ではなると思っています。

皆さん、

留学される方はもちろん、留学など考えていない方も、語学レベル評価制度は、習っている先生からもフィードバックでもらう可能性もあるので、少し頭の片隅にいれておくといいですね。

Ecomは、引き続き、CEFR指標の動向に注視してまいります。


今回の記事いかがでしたか?
よろしければ、Ecomの各種サービスも併せてご活用ください。
Ecomオンライン英会話  ・Ecom子供向けオンライン英会話

無料英単語学習アプリ「Memory」 ・Ecomの無料英語学習動画

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。