子供にお薦めの英語試験、英検 vs TOEFL


こちらの記事でも書いたように、日本の入試に外部民間試験を活用する動きが加速しています。

外部民間英語試験の入試への活用、加速の動き

つい先日も、大学入試の英語試験に、『英検やTOEFL』などの民間試験で代替させる案がほぼ決まりとの報道がありました。

これに伴い、兼ねてから相談の多かった、

『子供には、英検、TOEFL, TOEIC、どの試験を受けさせるのがよいか?』

という質問が増えてくると思うので、今回これについて答えておきたいと思います。

答えから先に言いますと、

断然「英検」をお薦めします。

その理由を、英検、TOEFL2つの英語試験の違いとともに見てみましょう。

英検TOEFL
難易度級ごとに異なる同じ試験問題で受ける(難しい・・・)
形態1次:筆記 2次:面接全てPCに向かって回答。
採点結果5級から1級の段階評価。CEFRに準拠した得点も出る。0点から120点の点数評価
必要スキル読み、聞く、書く、話すの4技能読み、聞く、書く、話すの4技能
試験料級によって異なる。2500円~8400円2016年9月現在230ドル(約2万5千円)。 年々、日本向けは値上げ。海外で受ける方が受験料安い。
試験時間級によって異なる。50分から2時間30分。4時間

これを見てわかるように、TOEFLは、子供が試しに日ごろの英語勉強の成果を試しに受けるような試験でないことが分かります。

英検、TOEFLを受験の英語試験代替に使うと一律に扱っていますが、

TOEFLは、あくまで留学を目的に作られた大人向けの真剣試験。

英検は、日本人のために、日々の英語学習上達を測る目的も兼ねて作られた試験。

コンセプトが違うので、試験内容に差があるのは当たり前ですよね

*ただ最後に、TOEFLのよい点を伝えておきます。

それは、英検で測れない超上級レベルの英語力も測定できる点です。

日本では、英検1級は、とても高い英語力と教養レベル(神?)という扱いですが、

それでもTOEFLで言えば、120点満点中100点レベル、CEFRで言うC1レベルです。

TOEFL120点満点中、100点越えをするというのは、英検1級からさらにワンランク上の英語レベル(C2)を目指すことになります。

ですので、はじめは英検で受けて、準1級や1級レベルになって、長期留学も真剣に考える段階になったら、

TOEFL試験も視野の1つに入れてみる、というのがよい方法だと思います。

親子英語


今回の記事いかがでしたか?
よろしければ、Ecomの各種サービスも併せてご活用ください。
Ecomオンライン英会話  ・Ecom子供向けオンライン英会話

無料英単語学習アプリ「Memory」 ・Ecomの無料英語学習動画


成田 勝行

About 成田 勝行

英語は、公立中学の授業で初めて学び始めた純日本人的受験英語で育つ。 慶應大学SFC卒。現在、Ecom英語ネット学校校長。 英語以外に、中国語、韓国語、スペイン語、ロシア語が話せる。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です