これから子供向け英検試験はパソコン受験が主流になっていくと予想


先日、

『2020年度からの新大学入試共通英語テストに、英検不採用の衝撃!』

という見出しが朝日新聞に出ていたので、ご存知の親御様も多いかもしれませんが、一応言っておきます。

 

英検は、いくつかの種類を提出して、そのうちの1つ(従来型)が落選しただけです。

ですので、英検を活用して、大学受験を有利に進める方法は、変わらない形です。

正直、朝日新聞の記事は、曲解とい言いますか、誤解させるような記事に感じます・・・。

 

以下詳しく説明します。

まず、2020年から「大学入学共通テスト」(略称:共通テスト)の英語試験で、民間試験のスコアを、大学に提出できる、というものが始まります。

その外部試験のうち、今回英検協会から採用されたものは、

 

・『TEAP』
(高3生を対象の2級から準1級レベルを想定した英検試験によく似た試験)

・『IELTS』
イギリス、オーストラリア留学向け英語試験

・『英検CBT』:
Computer based Test。パソコンに向かって問題を解くスタイル。年齢制限なし。2級、準2級、3級のみ。2018年9月より毎月実施。

・『英検1日完結型』:
高3生だけ受けられる英検で、面接試験はPCに向かって録音するタイプ(全員受験)。1級以外あり。2019年より実施。

・『公開会場型英検』:
従来の英検とほぼ同じだが、面接が全員受けられるようにしたため、受験料が従来型の2倍に・・・。受験資格は高3生のみ。2019年より実施。

(・『従来型英検』:面接が、1次合格の人のみ受けるスタイルだったので今回落選。)

です。

 

ですので、これまで1つだった英検が、

2018年9月に英検CBTが増え、

2019年に、英検1日型と、公開会場型が増え4種類になっていく形になりました。

TEAP試験を入れると、5種類かな?

もちろん、大学受験を意識した形ではそうなるので、大人の方からすると従来型英検で、留学や、移住、職探しへの資格証明に使えます。

 

ですので、今後、高校生以下のお子様に重要な点は、

・スピーキング(面接 OR パソコンに座って録音)が必須。

・PCタイプで受ける可能性もあるので、パソコンでの英語試験受験に慣れておく。

かと思います。

 

ちなみに、私の考えでは、

対面型のように運に左右されにくい、PC受験(スピーキング録音型)が主流になると予想しています。

 

是非、当校ECOM(イーコム)などのオンラインでの英検対策クラスで、対策頂ければと思います。

p.s: 余談ですが、当校では、視覚障害の生徒様も結構いまして、PC受験型の英語試験を大いに歓迎していたので、今回の英検のCBT導入ニュースは、彼らにとっても朗報だったと思います。

 

参考ソース:

英検協会ホームページ告知:http://www.eiken.or.jp/association/info/2018/0326_01.html


今回の記事いかがでしたか?
よろしければ、Ecomの各種サービスも併せてご活用ください。
Ecomオンライン英会話  ・Ecom子供向けオンライン英会話

無料英単語学習アプリ「Memory」 ・Ecomの無料英語学習動画


成田 勝行

About 成田 勝行

英語は、公立中学の授業で初めて学び始めた純日本人的受験英語で育つ。 慶應大学SFC卒。現在、Ecom英語ネット学校校長。 英語以外に、中国語、韓国語、スペイン語、ロシア語が話せる。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です