パリの街で一番狭い「釣りをする猫通り」を観光してみよう!


Ecom講師 Olfa C’est Olfa de Ecom.こんにちは!

皆さんは、パリで最も狭い通りに入ったことがありますか?またはそれを見たことがありますか?Rue_du_Chat-qui-Peche(パリで最も狭い通り)

写真の通りがそれですが、何という名前か知っていますか?ここはパリ5区にある「Rue du Chat qui pêche」という通りです!

とっても狭いですね。ちなみにこの通りは、1540年からず~っとあるんですよ!

ところで皆さん、「Rue du Chat qui pêche」はどういう意味がかわかりますか?「釣りをする猫の通り」ですよ!面白いですよね^^

パリは結構小さい町なのですが、狭い通りはほとんどありません。なので、パリへ行った時に「Rue du chat qui pêche」へ辿り着くと、普段のパリの景色とは全く違く感じると思います。通りの長さは29メートルしかありません。

また、昔この通りに住んでいたJolán Földesというハンガリー人の作家が、この通りを舞台にした小説を1936年に書いて大流行しました!

ちなみに「Rue du Chat qui pêche」のあるパリ5区は、私の通っていた大学があります。だから私はこのエリアがとっても好きで、思い出でいっぱいです

パリにいらっしゃる観光者の皆さんには、強くお薦めします

今回の記事いかがでしたか?
Ecomフランス語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでフランス語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。