フランスの象徴「マリアンヌ」という女性を知っていますか?


Ecom講師 Olfa

こんにちは、Ecomのオルファです。

今日は、皆さんに覚えてほしいフランスのシンボルを紹介したいと思います。そのシンボルとは、Marianne(マリアンヌ)という女性です。

フランスを擬人化した女性マリアンヌ

マリアンヌはフランス共和国を擬人化したイメージです。この女性はフランス革命を経て、共和制と自由のシンボルとして知られる「フランスの自由の女神」のような存在になっています。アメリカでいう、アンクルサムですね。

実際、Marianneマリアンヌのイメージはフランス社会の色んな場面に使われています。役所内や公的な場所など、ただ一番は切手です~!
私が生まれてからフランス切手はもちろん色々と変わってきましたが、全ての切手(もちろん特集外)の共通デザインはいつも:
キャラクター:マリアンヌ
色:赤(たまにも) です。 わかりやすいですよね

フランスのシンボルマリアンヌの切手

私にとって、一番自分の記憶に残っているフランス切手のマリアンヌは1997年(2005年まで使用)のものです

フランスのシンボル、マリアンヌの切手

ちなみに、私の両親の時代は上にある2枚でした。

こちらがLiberté, Égalité, Fraternitéリベルテ・エガリテ・フラテルニテ」(自由、平等、友愛)フランス標語のいつもついている絵はマリアンヌのイメージです

因みに、今年はフランスで新たなマリアンヌ切手が発行されましたが、選択の仕方がその通りです:
1) フランス国民やフランス人アーティストの誰でも個人的に切手のデザインの提案をできます。

2) フランス全国の高校生がドンドン見て、好きな切手に投票をします。

3) 全国の残りの3枚の中で大統領が最後の優勝の1枚を選択します。

フランス切手、マリアンヌ2013そして、今年2013年7月にフランスでこの切手が選ばれました:

皆さん、どうですか?この新しいフランス切手を見てどう思いますか?

私は、それを見た時「ディズニーのキャラクターですか?」と思いました(笑)下は、画家のOlivier Ciappaさんが描いたマリアンヌのスケッチです。

フランスマリアンヌのスケッチ

ちなみに「普通のフランス女性のマリアンヌ」「フランスのシンボルであるマリアンヌ」を区別する方法があります。皆さん、気付きましたでしょうか?マリアンヌはいつも赤い帽子をかぶっていますね。


この帽子はBonnet phrygienボネ・フルジアー」(フリジア帽)と言います、この帽子は古代ローマ(ギリシア神話)に起源をもつ帽子で、現在は「自由」を意味しています。

今回の記事いかがでしたか?
Ecomフランス語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでフランス語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。