フランス人のボディーランゲージを理解しよう(後編) 3


Ecom講師 Olfa

こんにちは、Ecomのオルファです。

今日は月曜日の続きで、フランス人のボディーランゲージがどういう意味を持っているのかを説明していきます。

(前編はコチラです)

 

 

3.ハグをする

 

フランス人のボディーランゲージを理解しよう(後編)

 

異性とハグをする時には、2つのパターンがあります。
長い間会ってない友達に対しては、「挨拶のハグ」になります。その場合には同性異性に関係なくハグします。ちなみに、その挨拶の時には「La bise」をすることが多いです。
では、La bise(ほっぺたに触れるキスのようなあいさつ)とle câlin(ハグ)では、どちらが親しさを表すと思いますか?実はle câlin「ハグ」の方が、より親しい人に行うんですよ。だから例えば、先生にLa biseをするのはOKですがle câlinをするのは一切NGです!友達の間なら、どちらもOKです。

さて、もう1つの種類は、既に一緒にいる友達に対するハグです。つまり「挨拶」という意味ではないハグですね。
挨拶以外の時に友達にle câlin(ハグ)をすると、意味が大きく変わります。ほとんどのフランス人の目には、カップルとしか見られません。タイミングによって、それほど意味が違ってきます!

 

※フランスでは、ビジネスの場でもハグをすることがあります。例えばプロジェクトが成功した時などに、ビジネスパートナーと「おめでとう!やった!」という意味を込めてハグをします。フランスでは「先輩、後輩」という関係はあまりないので、プロジェクトの参加者で同じようにハグをしていきます。

 

フランス人のボディーランゲージを理解しよう(後編)

 

 

4.腰に腕を添える

 

 

フランス人はよく、隣の人にもたれかかりながら歩きます。ただ、相手の腰に手を添えたり、腕を巻いたりするのはカップルだけですね。
これは歩きにくいですが、フランス人のカップルの間では一番好まれている行為です。

 

 

5.肩に手をのせる

 

フランス人のボディーランゲージを理解しよう(後編)

 

肩に手をのせる行動は、同性異性に関わらず良く行われています。そのためハッキリとは言えない行動ですが、いくつかの意味があります。
男の人が他の男性の肩の上に自分の手をのせると、それはとても「男性らしい」雰囲気のある行動で、この2人は仲良し、とても近い友達であることが分ります。
男性から女性に対して行う場合は、「あなたを守ります。」という意味になります。

 

以上になりますが、フランスと日本で気持ちの表し方はやはり違いますか?
フランス人は身体を使って自分の気持ちを表すことが多いです。そもそも日本人とはパーソナルスペースの感覚が異なるので、勘違いもよく起こります。
フランスでは友達同士やビジネスの場面でも、キスや握手をしたり、抱きしめたりします。是非この感覚を覚えて、フランス人とのコミュニケーションを楽しんでくださいね!

 

今回の記事いかがでしたか?
Ecomフランス語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでフランス語学習に役立つ動画が見放題。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

3 thoughts on “フランス人のボディーランゲージを理解しよう(後編)

  • Maiko

    初めてコメントします。最近、フランス人の男性と知り合いました。初めて会った時に私の腕を触ったり、ダンスっぽく?手を触られたりしたのですが、私はフランス人だからボディタッチするのは普通だろうなと思ってそのままボディタッチされるままにしていたのですが、この私の行動は好意があると勘違いさせてしまいますか?返信お待ちしてます。

    • オルファ

      事務局です。コメントありがとうございます。
      Olfaが今少し返信に時間がかかる形となっていますすので、返信にお時間をいただければと思います。必ず返信させていただきます。
      引き続きどうかよろしくお願いします。