フランス人の変わった食事習慣Best5(後編) 2


Ecom講師 Olfa

こんにちは!EcomのOlfaです。今日は「フランス人の変わった食事習慣」の最終回です。

最後に紹介するのは料理というよりも、食べ方の問題ですね。

 

その5:歩きながら食べる

 

フランス人の変わった食事習慣Best5(後編)

 

フランス人は、歩きながら食べるのが大好きな人種です
どこかに寄って食べ物を買うと、歩きながら食べます。散歩をしながら昼ご飯のサンドウィッチを食べて、デザートのアイスクリームをまた歩きながら食べます。
フランスの食事は、この習慣を元にできているくらいです。例えばフランスのお弁当は、長くて持ちやすくて、切らずに食べられるサンドです。朝ご飯やデザートのクロワッサン、パン・オ・ショコラも持ち歩ける食べ物ですね。

 

フランス人の変わった食事習慣Best5(後編)

 

ちなみに日本語では「お持ち帰り」がありますが、その前提は「今買って家や他の目的地についてから食べる」ということよね?

フランスでは[A emporter]と言いますが、正確には「持ち帰り」ではなく「持ち歩き(ながら食べる)」ということですね。

フランスの代表な持ち歩き食べ物といえば”Crêpes”(クレープ)です。クレープは基本的に、持ち歩くために作られている食べ物です!なので、クレープを売っている所には必ず持ち帰りする人のための窓があります。
安いので、スナックのような感じで街をブラブラ歩きながら食べています。

 

フランス人の変わった食事習慣Best5(後編)

 

フランス人のビックリな食事習慣は、以上です!どう思いましたか?「この習慣は絶対にやらない」「この習慣は日本でも普通です」または「これは私もやってみたい」といった習慣はありましたか?ぜひ教えてくださいね。
それでは、Bon Appétit!

今回の記事いかがでしたか?
Ecomフランス語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでフランス語学習に役立つ動画が見放題。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “フランス人の変わった食事習慣Best5(後編)