フランス語の名言、ことわざ『バター扱い』


Ecom講師 Olfa

Bonjour! Ecomフランス語のオルファです!Comment ca va?

今日はフランスで昔から頻繁に使われている、可愛い表現を紹介したいと思います。是非覚えていただきたいです^^

第37回
Compter pour du beurre/ pour du beurre
(バター扱い)

 

Compter pour du beurre/ pour du beurre (バター扱い)

 

まずは「Compter」の説明をしますね。ご存知のように「Compter」は「数える」という動詞ですが、フランス語で「Compter pour —」は「~のように思われる」「~扱い」「~の役に立つ」という意味にもなります。なので、本当はこの Compter pour du beurreは「バターの役に立ちます」という訳になります。

皆さん、バターはお好きですか?バターにはどんなイメージがありますか?
「バター扱い」の意味が何なのか、少し例を出してみますね。


– Tu es déjà allé à Italie?
イタリア、行ったことある?
– Oui, en allant de Marseille à Berlin l’an dernier, j’ai fait une escale à Milan.
うん、去年マルセイユからベルリンへ行く途中、ミラノでストップオーバーをしたよ。
– Une escale? Les escales ça compte pour du beurre !
えっ?ストップオーバーで行ったなんて、バター扱いよ!

 


– Tout le monde va jouer aux cartes !
皆でトランプゲームしよう!
– Oui, mais moi je ne connais pas les règles, alors le premier tour compte pour du beurre!
うん、ただ私はまだルールが分からないから、最初はバター扱いね!

さて、どういう意味か解き明かせましたか?compter pour du beurreは「無駄で、意味がなくて、価値のないこと」です!
例えば、フランス人女性は彼氏に無視されたら「Moi je compte pour du beurre?」と発言します。これは「私はどういう存在?私には価値がないの?」という意味ですね。

この表現は友達の間で使ったりしますが、子供の間で特に人気です!フランス人の子供は遊んでいる時、間違いなく何回も使う表現です。私も子供の頃、友達と一緒に遊んでいた時にいつも使っていましたね!
「やり直したい」という意味で「今のはバター扱いにしよう」、「無視する」という意味で「バター扱い」という風に言っていました。

でも、どうしてこの表現はこの意味になったのでしょうか?

最近「Beurre」(バター)はくだけたフランス語で「お金」を意味する言葉になっていますが、昔は違いました。
中世のフランスでバターは、貧しい人たちが食べるものでした。お金持ちはバターを皮の服や靴などに塗っていましたが、食べることは一切ありませんでした。彼らは当時貴重に思われていたオリーブオイルを、料理に使っていました。オリーブは年に1回しか収穫できないですが、バターは1年中作られています。だから、「それはオリーブオイルでなく、バターですよ」と言えば、くだらないことや価値のないものを表す言葉になりました。

このポストが皆さんにとって「バター扱い」にならないように願っています!(笑)
Salut!

今回の記事いかがでしたか?
Ecomフランス語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでフランス語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。