フランス人なら子供でも作れる定番のケーキ「1,2,3」


Ecom講師 Olfa

こんにちは、Ecomフランス語のオルファです。
今日は、フランスの有名なケーキ1,2,3(Un, deux, trois)を紹介したいと思います。
このケーキはものすごく作るのが簡単で、全てのケーキの中での最も作りやすいかもしれません。友達の家に行った時に何もお菓子がなければ、よく「じゃあ、Un, deux, troisでも?」という言葉が出てきます。これは「あまり時間をかけず作れるものを作ろう!」というフレーズになります。
さらにUn, deux, troisは、子供に作らせる最初のケーキとしても定番です。
ではさっそく、Un, deux, troisのレシピーをみてみましょう!

★材料★

ヨーグルト:1個
→ヨーグルトを1ついれたら、次からはこのカップで計ればよいので簡単ですね。 砂糖:2カップ 小麦粉:3カップ →ここまでがこのケーキの基本の材料なので、Un, deux, troisという名前なんですよ!
卵:2個
オイル:半カップ(溶かしたバターでもOK)
牛乳:半カップ(生クリームでもOK)
ベーキングパウダー:1回分の半分

 

★作り方★

1:ボールにヨーグルト、卵、小麦粉、砂糖とベーキングパウダーを入れて混ぜ込みます。
2:オイルと牛乳を加えて、また混ぜていきます。
※もし溶かしたバターを加える場合は、卵よりも前に入れてください。熱いバターを卵に加えたら、玉子焼きになってしまいますからね。
3:オーブンに入れて200度で20分焼きます。 これで出来上がりです!

こちらは、私が作ってみた1,2,3です。ちょっと地味ですが(笑)

 

フランス人なら子供でも作れる定番のケーキ「1,2,3」
ちなみにブラウン色をしているのは、ナツメヤシを入れてみたからです。

ちなみに、ヨーグルトのパックではなく大さじではかると、1,2,3,4,5(Un, deux, trois, quatre, cinq)という名前に変わります。同じケーキですが、呼び方だけが違ってきます!
こちらも、子供が覚えやすいですね。

 

★1,2,3,4,5の材料★
ベーキングパウダー:1回分の半分
オイル:大匙1杯(溶かしたバターでもOK)
卵:2個
牛乳またはヨーグルト:大匙3杯 砂糖:大匙4杯 小麦粉:大匙5杯

最初に「半分」が入っているのは気にしないでください(笑)

とっても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね!
Bon appétit ! Aurevoir!

今回の記事いかがでしたか?
Ecomフランス語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでフランス語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。