東ドイツのノスタルジーの象徴、名車トラバント 1


Julia Ecom(イーコム)

皆さん、こんにちは。Ecomのユリアです。

この前、ドイツの「Nostalgie」(=郷愁)についてお話しましたね。

その中の一つに「Trabant」(トラバント)がありましたね。今日は、その「Trabi」という愛称を持つ東ドイツの車「Trabant」(トラバント)について詳しく紹介したいと思います。

第二次世界大戦の後、特に東ドイツでは資源が不足していました。そこで1954年に、金属をあまり利用しない車のアイデアが生まれました。

そのアイデアによって「Trabi」が生まれました。その上、車体に強化プラスチックが使われて軽くなった「Trabi」は5リットルで100㎞も走ったと言われるほど、素晴らしい燃費パフォーマンスでした。

ドイツ車トラビ

Trabi」はシンプルな構造で、自分でも簡単に修理ができる車でした。「Trabi」はたまに「本当の車ではない」と言われていますが、現在でもドイツ内を12万台も走っているそうなので、やっぱり良い車だったのでしょう。

ちなみにトラバントTrabant )は「衛星」「仲間」「随伴者」などを意味しますよ。この名前は、1957年に打ち上がったソ連の人工衛星スプートニク1号を讃えて付けられたそうです。

今回の記事いかがでしたか?
Ecomドイツ語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。(Julia講師から直接レッスンも可能)


無料で学習したい方はEcomサイトでドイツ語学習に役立つ動画が見放題。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

One thought on “東ドイツのノスタルジーの象徴、名車トラバント