デザートにはドイツの定番料理「焼きリンゴ」はいかが?


 

Julia Ecom(イーコム)Guten Tag,Ecomのユリアです。皆さん、お元気ですか?

本日は、こちらの写真にある食べ物を紹介したいと思います。鍋の中にある熱そうでやわらかそうな食べ物は、一体何なのでしょうか?団子?お肉?
いいえ、違います!正解は甘~い、甘~いドイツ名物「Bratapfel」です。

Bratapfelbraten(焼く)という動詞と、Apfel(リンゴ)という名詞を合わせて作られた言葉です。つまり、「Bratapfelは簡単にいうと「焼きリンゴ」になりますね。焼きリンゴと聞くと、変な感じがするかもしれないですが、焼いたリンゴは柔らかくなって、アップルパイのような食感です。

ドイツ クリスマス名物のお菓子 Bratapfel

ドイツにいた時、クリスマスにあわせて作ったものです^_^

 

 

味付けもいろいろあります!「Zimt」(シナモン)、「Butter」(バター)、「Marzipan」(アールモンドから作られたペースト)、「Nougat」(ナッツから作られたチョコ)、「Rosinen」(レーズン)や「Nelken」(クローブ)などの調味料を入れます

りんごの種のところを繰り抜き図リンゴの種の部分をナイフでくり抜いて、そこに「Marzipan」や 「Nougat」を入れます。「Nelken」「Zimt」はバターと混ぜて、リンゴの皮につけて、オーブンでリンゴの皮が茶色になるまでに焼きます。できた「Bratapfel」は皿において、「Vanillesoße」(バニラソース)や「Vanilleeis」(バニラアイスクリーム)をかけて、食べられています
「Bratapfel」を焼く時、家中にリンゴやアーモンド、シナモンの香りがしてとてもいいので、私は、味よりもその香りを楽しむために作ろうと思ったりします(笑)。

「Bratapfel」は調理が簡単ですので、オーブンを持っていない方でも、電子レンジで作れそうなので、ぜひ自分で作ってみてくださいね

ドイツクリスマス名物デザートBratapfelこちらのBratapfelはネットで見つけたのですが、盛り付けが綺麗ですね。やはり写真を撮るならば、ここまで気をつけておきたいですね

今回の記事いかがでしたか?
Ecomドイツ語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。(Julia講師から直接レッスンも可能)


無料で学習したい方はEcomサイトでドイツ語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。