ドイツ語の「愛してる」には2種類あるって本当?


Julia Ecom(イーコム)

 

こんにちは、EcomのJuliaです。皆さんは好きな人に愛を伝える時、なんと言いますか?日本の方はあまりストレートな表現はしないと聞きましたが、本当ですか?

ドイツ語で「あなたのことが大好き」と伝える言い方が2つあります。

それは、「Ich hab‘ dich lieb」と「Ich liebe dich」になります。直訳すると「Ich hab‘ dich lieb」は「大好き」で、「Ich liebe dich」は「愛している」と言えますが、日本語との使い方がちょっと異なっています。

「Ich hab‘ dich lieb」は「lieb haben」という動詞から来て、「好きだ」という意味になります。ですが、日本語での「大好き」は家族や恋人に一番使われているフレーズです。ですが、ドイツ語の場合は親と子供、そして仲がいい友達に使われています。「Ich hab‘ dich lieb」は「仲」から来ていて、安心・温かい気持ちを伝えることができると思います。家族、仲がいい友だちにメール、あるいは手紙を書く時にも、最後には「Ich hab‘ dich lieb」(短い形は hdl(Hab Dich Lieb)というフレーズが良く使用されています。例えば

Liebe Mutti, (お母さんへ、)
wie geht es dir? Mir geht es gut. (お元気ですか?私は元気です。)
Hab‘ dich lieb, (お母さん大好きだよ。)
Deine Julia (あなたのユリアより)

 

この様なメールが届いたら、ただ友達のように好まれていて、恋人の愛ではないと考えて大丈夫です。

 

ドイツ語の「愛している」には2種類あるって本当?

 

「Ich liebe dich」は特別な気持ちを伝えるフレーズで。好きな人は沢山いますが(家族や友達など)、特別な人に対しては「Ich liebe dich」を使います。直接「Ich liebe dich」(愛している)と言う場合は恋人に限られています。ですが、家族など他の人について使うこともできます。例えば「Ich liebe meine Schwester」(お姉ちゃんのことを愛している)などとも言えますよ。この言い方をすると、お姉ちゃんはとても特別な人だという意味になります。恋人に言う人は少ないですが、付き合ったばかりには、強い「Ich liebe dich」と言いにくいため、「Ich hab‘ dich lieb」その代わりに言います。
恋人には「Ich liebe dich」で、家族、仲がいい友だちには「Ich hab‘ dich lieb」とポイントを覚えたら、こちらのフレーズの使い方はもう問題ないでしょう!
ぜひドイツ語で気持ちを伝えてみましょう!!

今回の記事いかがでしたか?
Ecomドイツ語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。(Julia講師から直接レッスンも可能)


無料で学習したい方はEcomサイトでドイツ語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。