ドイツの身分証明書、IDカードについて 4


staff02

 

こんにちは、Ecomのユリアです。当たり前のことですが、ドイツでも日本のように身分証明の義務があります。日本では保険証や運転免許証でも大丈夫ですが、ドイツの場合それらのカードは公認されていません。
その代わりに「der Personalausweis」(身分証明書)が使われています。以前「ここがビックリ日本の習慣」でも少しだけ触れましたが、今日は、その「der Personalausweis」について説明しますね。

「Der Personalausweis」(身分証明書)は、16歳以上でドイツ国籍を持っている人が持っています。

 

ドイツの身分証明書、IDカードについて

2010年まで使われていたIDカード

 

 

 

このIDカードはドイツ全国とEUで使われていて、「名前」「生まれた場所」「誕生日」「住所」「身長」「アイカラー」などが書いてあります。16歳になったら出生証明書を持参して、市役所へ申し込みに行きます。24歳までに申し込んだ「Personalausweis」(身分証明書)でも6年間使用できますが、24歳以降に申請した「Personalausweis」(身分証明書)なら10年間も使用できます!
最近ドイツでは「IC Personalausweis」という新しいICカードができましたが、その前はもっと大きくてICチップの入っていないものが使われていました。昔の「Personalausweis」はたった8ユーロ(1000円)でしたが、2010年に新しくできた「IC Personalausweis」は28ユーロ(約3000円)します。

ドイツの「Personalausweis」はEU内でパスポートの代わりに使うことができるので、旅行先でも使えます。そのため「Der Personalausweis」(身分証明書)にはドイツ語だけでなく、英語とフランス語の説明も書いてあります。

「Der Personalausweis」(身分証明書)をもらうためには、手数料を払わないといけません。ただしそれで自分の物になる訳ではなく、ドイツ連邦共和国が領有権を持っています。

 

ドイツの身分証明書、IDカードについて

2010年から使われているIDカード Personalausweis

 

 

ドイスでは身分証明の義務があるので「Der Personalausweis」(身分証明書)を常に持っている必要があります。ドイツに住んでいるけれどドイツ国籍を持っていない外国人は、ドイツの「Personalausweis」(身分証明書)を持っていません。そのため、ずっとパスポートを携帯しなければなりません。また「Reisepass」(パスポート)を持っているドイツ人は「Personalausweis」を持つ必要はありません。
つまり、「Reisepass」と「Personalausweis」のどちらか一つを持っていればOKということです。

日本でも身分証明の義務はありますが、ドイツのようなIDカードはないのでびっくりしました!また日本ではIDカードがないため、様々な問題があると聞きました。
例えば仕事が無いためアパートがレンタル出来ず、住所が無いため保険に入れず、運転免許を持っていないため身分証明ができず…・。そういう人はとても大変そうです。だから、ドイツの「Personalausweis」はとても便利な制度だと思っています。
いかがでしたか?みなさんはドイツのIDカードをどう思いますか?

 

今回の記事いかがでしたか?
Ecomドイツ語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。(Julia講師から直接レッスンも可能)


無料で学習したい方はEcomサイトでドイツ語学習に役立つ動画が見放題。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

4 thoughts on “ドイツの身分証明書、IDカードについて

  • Koala

    Es ist interesant, dass die Fabre von Augen an die Personalausweis geschreiben wird. ( In Japan, alles haben braun Augen. )

    Übrigens, der Geburtsort von Frau. Erika Mustermann hat aus München zu Berlin geandert.

    • Julia
      Julia Post author

      Lieber Koala,
      da haben Sie einen interessanten Punkt entdeckt.
      In Deutschland gibt es verschiedene Augenfarben, deswegen müssen die im Reisepass stehen.
      Vielleich gefällt Erika Mustermann Berlin besser als München 😉

  • とっちゃん

    Hallo Julia,

    als ich zum ersten Mal die Aufenthaltsgenehmigung im ausländischen Behörde beantragt habe, habe ich den kleinen Papierkrieg gemacht. Dann habe ich ein Kärtchen bekommen. Darauf steht das Wort “AUFENTHALTSTIETEL”. Natürlich habe ich es immer.

    Das Kärtchen ist kleiner als Reisepass.
    Der Personalausweis ist sehr praktisch. Ich finde auch so.

    • Julia
      Julia Post author

      Lieber とっちゃん,

      vielen Dank, dass du deine Erfahrung mit uns teilst!
      Glückwunsch, dass du deinen Aufenthalstitel bekommen hast. Das war bestimmt ein schwerer Kampf.
      Er ist bestimmt auch praktischer als der große Reisepass!