旧東ドイツの名物料理ベスト3 6


staff02

お元気ですか?Ecomのユリアです。
今日はまた、旧東ドイツの文化を紹介する記事を書きました。今回のテーマは、東ドイツの名物料理です!前回はお菓子の紹介でしたが、また食べ物か…なんて思わないでくださいね(笑)
東ドイツには、今でもよく食べられている名物料理がいくつかあります。もしチャンスがあれば、ドイツで試してみてくださいね!

 

その1:Letscho(レチョー)

 

旧東ドイツの名物料理ベスト3

 

Letscho(レチョー)は東ヨーロッパ全体の名物ですが、もちろん東ドイツでも大変な人気でした。Letscho(レチョー)はよく煮たハム、黄色いパプリカ、トマトと玉ねぎで作られたスープです。ハンガリーではメインディッシュに食べられているそうですが、ドイツではソースやケチャップの代わりとして、BBQやソーセージと一緒に食べられています。普通にスーパーで売っているので、気軽に買ってみてください。

 

その2:Jägerschnitzel(狩人カツレツ)

 

旧東ドイツの名物料理ベスト3

 

Jägerschnitzel(狩人カツレツ)はドイツ中で大人気の食べ物です。ですが、東や西の地域によって、材料が異なっています。西ドイツのJägerschnitzel(狩人カツレツ)は豚肉の上にクリームソースがかかっていて、フライポテトと一緒に食べる料理です。
しかし、東ドイツでは全く違います!Jagdwurst(狩人ソーセージ)という厚い豚肉でできたソーセージを1センチに切って、卵とパン粉をつけて焼いて、トマトパスタと一緒に食べます。東ドイツでは普通のカツが結構高かったので、ソーセージで代用されていたそうです。またソーセージは腐りにくいので、長持ちする点でもお母さんに人気だったのでしょう。ちなみに、Letschoと一緒に食べるのも美味しいですよ☆

 

その3:Königsberger Klöpse(ケーニッグスバーガー)

 

旧東ドイツの名物料理ベスト3

 

Königsberger Klöpse(ケーニッグスバーガー)は、東プロイセンで生まれた料理です。日本語にすると「肉玉」です。名前だけでどんな料理か想像できますね(笑)
こちらは子牛や豚とニシン、玉ねぎ、食パンとピクルスでできています。小麦粉から作られたクリームソースと、ケイパーというスパイスと一緒に食べられます。
ドイツでは珍しいですが、この料理はジャガイモだけでなくご飯とも一緒に食べます!ちなみに90%以上の人が知っている、ドイツで一番有名な料理だそうです。
私も子供の時はこの料理が大好きでした。最初はケイパーの強い味に違和感がありましたが、慣れると美味しいですよ。よく冷凍食品でも売っているので、料理が苦手な方もこの名物を食べることができます!

いかがでしたか?今までのブログに登場してきた料理とは、少し違う感じがしましたか?これからも東ドイツの文化を少しずつ紹介していきたいと思います^^

今回の記事いかがでしたか?
Ecomドイツ語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。(Julia講師から直接レッスンも可能)


無料で学習したい方はEcomサイトでドイツ語学習に役立つ動画が見放題。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

6 thoughts on “旧東ドイツの名物料理ベスト3

    • Julia
      Julia Post author

      Lieber Herr Koala,
      das ist auch sehr lecker! Wenn Sie die Gelegenheit dazu haben, probieren Sie doch bitte ein typisch ostdeutsches Gericht.

      Liebe Grüße,
      Julia

  • Johann

    なかなかドイツらしい料理ですね(笑)
    個人的には、毎日食べたいです^^

    東ドイツでは、Селянкаはよく食べられていたのでしょうか?

    • Julia
      Julia Post author

      Johannさん、コメントありがとうございます。
      そうですね。やっぱりドイツ人が好きなものは、上に書いたような作りやすくて、美味しい料理です。
      Soljanaも良く食べられていますよ。 本物かどうかが知りませんが、汁はKetchupベースで、なかみはピックルス、玉ねぎとサラミです。 とてもシンプルな料理で、パーティーなどがあるときに、よく食べられているものです。

  • Neubrandenburg

    Koenigsberger Klopse はケーニヒスベルガークロプゼでDr.Oetker 1987でよく作り、ケイパーはやめてお口直しにシカゴのミニブリュワリーに1/2使いました。ケーニヒスベルガークロプゼドイツのサイトのchefkoch.deにもありますしロシア語やってるのでロシアのyoutube Kochのドイツのyoutube Frankfurter Kranzとか色々ありますがコメントはohne でいいです。単にロシアとの不思議なご縁がありますが今のとこ日本にいますがケーニヒスベルガークロプゼといいたかっただけです。

  • Neubrandenburg

    すみませんドイツのお料理の本の日本語訳やっているのですがいろいろなドイツ語圏の人が日本でいうメニューを担当しドイツのいろいろなサイトを調べたりそれでもわからなければフランスのサイトロシアのサイトを調べたり一応旧東ドイツ圏の本も取り寄せ日本でいうメニューもチェックしましたがなぜか校閲が入っているはずなのにメニューの主要部分が欠落し担当者は恐らく途中で休憩をいれ同じ単語のとこでつなぎドイツのサイトを調べドイツ語のrezepteを作り上げ日本語訳しました。くどいようですがkloepseとやりたいところですがklopseです。ぼく途中で死にかけたときドイツに命を助けてもらいました。わるぎはありません。Wir haben der Zukunft .