ドイツのことわざ『頭を洗う』 2


staff02

Ecomのユリアです。Guten Tag! Wie geht es Ihnen?
さて、本日は「ドイツの慣用語シーズン2」のコーナーです。今日のフレーズは、なんだか日本のことわざにありそうな、仏教みたいな言葉になります。

第2回
“Jemandem den Kopf waschen”
(相手の頭を洗う)

 

ドイツのことわざ『頭を洗う』"Jemandem den Kopf waschen"

 

「waschen」は洗うという意味で、「der Kopf」は頭の意味です。ということで「誰かの頭を洗う」という直訳になります。相手の髪の毛が、そんなに汚いのでしょうか?(笑)
この言葉で、「洗う」とはどういうニュアンスなのでしょうか?それを理解すると、このフレーズの意味がよくわかります。
子供たちの多くはお風呂に入るのが嫌で、お風呂に入ってもちゃんと体を洗わないことがありますね。その時お母さんたちは怒って、雑に子供の体を洗います。「洗わなくて良いと思っているの!?待ちなさい、洗ってあげるから!」という感じです。子供もそれを嫌がって逃げようとするので、ますます乱暴になってきますね。そいうイメージなので、優しくて丁寧な洗い方というより、暴力的な感じがします。なので、こちらの「waschen」は「洗う」というよりも、「罰する」といったニュアンスがあるのです。
そういうわけで”Jemandem den Kopf waschen“(相手の頭を洗う)は、相手の馬鹿な考えについて、強くずけずけ言うこと、たしなめることを表現しています。

使用例
先生「Max macht nie seine Hausaufgaben und kommt immer zu spät zum Unterricht 」
(マックス君は宿題を全くしなくて、授業にいつも遅れています。)
両親「Keine Sorge, wir werden Max den Kopf waschen.」
(心配しないでください。マックスの頭を洗いますから。)

馬鹿すぎて理解ができない考えや行動に対して、その馬鹿さを直そうとする時に使う慣用語です。当たり前ですが、実際に暴力はしませんよ!ただ言葉で“Jemandem den Kopf waschen“と言うだけです。
私は両親と先生に何回も頭を洗われたので、しばらくお風呂に入らなくていいかもしれません…(笑)

今回の記事いかがでしたか?
Ecomドイツ語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。(Julia講師から直接レッスンも可能)


無料で学習したい方はEcomサイトでドイツ語学習に役立つ動画が見放題。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “ドイツのことわざ『頭を洗う』