ユリアのここスゴ62回目:日本の高速道路がスゴイ 2


staff02

こんにちは、Ecomのユリアです。今日の「ここスゴ」は、日本とドイツの高速道路について書いてみようと思います。ドイツでは今、高速道路についての議論が熱くなっています。

 

正直、日本の高速道路はちょっと高いです。これはきっと、山が多い地形を切り崩しているため開発費が高いせいでしょう。
ただ日本の方が、システムは優れていると感じます。日本人にとっては普通のことですが、高速道路を使いたい人はお金を払って乗って、そうでない人は使いませんね。

しかしドイツでは、高速道路が無料な代わりに全員が自動車税という税金を払っています。これだと、あまり高速道路を使わない人が損をしてしまいますね。

また、ドイツを中継地とした輸送などで通過される時に、税金を払っていない外国人も無料で高速道路を通れてしまいます。

例えばポーランド→ドイツ→オランダを通って輸送をする時、ドイツは高速道路をタダで使わせているのです。冷静に考えると、不公平なシステムですよね。

 

ドイツでは高速道路に入る時に機械がないので、チェックも特にされません。入口と出口もハッキリしていないので、普通の道路の延長線のような感覚です。

電車と同じで、使っている人は払う、使わない人は払わない方がシンプルでわかりやすいですよね。それに日本では、時間ではなく走った分だけ払います。しかも、普通車とトラックなどの車のサイズで料金が変わる点も、道路へのダメージという点でフェアーです。

 

ユリアのここスゴ62回目:日本の高速道路がスゴイ

 

そこでドイツは2016年の1月から、高速道路を日本と同様のルールに変えようとしています。最初は「タダで乗っている外国人にだけ金を払わせればいい」という声もありましたが、それは差別的ということで、自動車税が少なくなる代わりに全員が高速料金を払う方向へ変わりました。10日間で10ユーロなどのシール状のチケットを作って、ガソリンスタンドなどで販売するようです。

また、エンジンサイズなどに合わせて料金を変えるようで、ここにはドイツ人のエコな考え方がありますね。ただ、新しいルールには色んな意見があって、現在議論中です。

ちなみにドイツのアウトバーンでは120kmから170kmが平均くらいで、100kmだと遅いです。でも、意外と事故は少ないんですよ。ドイツ人は「速度を出す方が慣れているし、逆に気をつけるから事故を起こさない」と考えています。ドイツでは16歳からお酒を飲めるのですが、それと似ている考え方ですね。ただしドイツ人は罰金好きなので、車でも自転車でも事故を起こしたらすぐ罰金です。

 

ユリアのここスゴ62回目:日本の高速道路がスゴイ

 

日本の高速道路で他にスゴイと思うのはETCです。これは本当にスゴイですよ!クレジットで払えるので楽ちんですね。レンタカーを借りる時にも付いている場合が多くて助かります。
あとは、サービスエリアも大好きです!いつも、サービスエリアへ行くために高速道路に乗りたいと思うくらいです(笑)

今回の記事いかがでしたか?
Ecomドイツ語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。(Julia講師から直接レッスンも可能)


無料で学習したい方はEcomサイトでドイツ語学習に役立つ動画が見放題。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “ユリアのここスゴ62回目:日本の高速道路がスゴイ

  • FALKE 夏目

    ドイツは、国民車フォルクスワーゲンや、アウトバーンなどの印象から、アメリカ以上にモータリゼーションが発達した国だという印象があります。
    アウトバーンが建設され始めた頃、日本では、車が走っているのは都会だけ。農村・漁村等、郊外では、乗合バス位が自動車で、自家用車というものは稀でした。
    道路はというと、大都市でも、舗装路は表通りだけでした。都市部でも住宅地や周辺道路の舗装が進むのは、東京オリンピック以後でした。田園地帯の主要道路に至っては1970年台後半から少しずつ・・・という状況でした。
    市街地を出るとガラッと景観も変わり、道もデコボコな土道、良くて砂利道でした。
    脱線しますが、第二次大戦に敗れてアメリカ軍が日本を占領した時、GHQが日本の道路網を調査し“道路建設予定地および工事中道路多数”と報告されたそうです。
    日本の“土道”“砂利道”は未舗装なので、道路としてカウントされなかった様です(笑)
    ところで、最近、日本では高齢者の“アクセルとブレーキの踏み間違い”による事故が急増しています。
    日本ではオートマチック車が主流になって、車が簡単に走る事で、車の機構に対する知識が希薄になると共に、片手で運転できるので安易な運転(“メールしながら運転”“携帯電話しながら運転”“テレビ見ながら運転”等々)
    機械操作が簡単になる事が、必ずしも安全には繋がらない。むしろ、安易な取扱いになり、不注意を呼び新たな危険を生むという事ですね。
    我家では、全員マニュアル車を運転しています。
    当然、携帯が鳴っても通話は不可能です(笑)

    • Julia
      Julia Post author

      コメントありがとうございます。
      車の運転が簡単になっていくことが必ずしも安全に繋がらないというのは非常に興味深FALKE 夏目さん、
      い考えだと思います。
      最近、日本やドイツで、運転手がハンドルを握って運転をしなくてもよい、自動ドライブができる車が話題になっています。
      もし、そのような車がたくさん走るようになったら、どのような社会になるのか少し心配になりますね。
      ドライブ中に食事や寝てしまったりしてしまうのでしょうか。
      話は変わりますが、ドイツに来た日本人の中には、無料でしかも何キロもスピードを出せるドイツのアウトバーンにはまってしまう人もいますよ(笑)