ユリアのここスゴ63回目:日本の年賀状がスゴイ


staff02

こんにちは、Ecomのユリアです。今回は、(ちょっと過ぎてしまいましたが)お正月に「スゴイ!」と感じた日本の文化があったので紹介します。
それは、日本の年賀状です。もちろん日本の皆さんは毎年年賀状を贈ったり貰ったりしているでしょう。(最近はメールやSNSで済ませる人も多いと思いますが。)

 

ユリアのここスゴ63回目:日本の年賀状がスゴイ

 

年賀状はとても良いコミュニケーションツールですが、それだけなら海外でも似たようなカードは見かけます。

ただ、日本の年賀状がスゴイのは、それに合わせた様々なサービス(?)です。中でも、年賀状にロト(宝くじ)が付いていることにはビックリしましたよ!!私も今年ドイツで年賀状を貰いましたが、もちろんそれにロトは付いていませんでした。

日本人は何でもゲームにするのが好きですし、年賀状にロトを付けるのは何でも楽しめるものに変えてしまう日本人らしいなと思います。ドイツのクリスマスカードでもやってほしいです!

しかも本物の宝くじとは違って、50人に1人は何かが当たります。年賀状をたくさん貰う人にとっては、結構高い確率ではないでしょうか?お正月だからこそ気前が良いのでしょうね(笑)
ロトを付ければ年賀状を見る時の楽しみが増えるし、結果的に中身もちゃんと見てもらう機会ができます。

ただ、実は私、日本にいた頃は年賀状にロトが付いていることを知らなかったんです…。もしかしたら、当たりが何枚か入っていたかも…?(涙)

また、年賀状のはがきには切手が先に含まれているので、送る方も郵便局も楽ですね。これも便利なアイデアだと感じます。

ちなみに、クリスマスカードなど海外のはがきは「Merry X’mas☆」「Happy Newyear!」など、毎年同じようなフレーズとモチーフばかりでちょっと退屈です。

それと比べたら日本の年賀状は独特のフレーズが多いし、何より「干支」があるのでイラストに困らないですね!貰う方も楽しみが増えます。

 

ユリアのここスゴ63回目:日本の年賀状がスゴイ

 

皆さんは今年、どんな年賀状を送りましたか?また、宝くじは当たりましたか?当たった人はぜひ教えて下さい!^^

今回の記事いかがでしたか?
Ecomドイツ語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。(Julia講師から直接レッスンも可能)


無料で学習したい方はEcomサイトでドイツ語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。