本格蒸気機関、子供が運営するドイツ公園鉄道die Parkeisenbahn


staff02こんにちは。 Wie geht es Ihnen? イーコムのJuliaです。
みなさん、普段、週末は何をしますか? ゆっくり家に残りますか?
家族と出かけますか? 天気がいい夏の日だったら、ドイツ人の家族たちはよく公園に行き、バーベキューをしたり、ボール遊びをしたり、一日中をゆっくりして過ごします。

実は、ドイツの公園に行くと、日本と違う他に目立つものがありますよ。 それは公園の中の鉄道です。もちろん子供用で、普通の鉄道より小さいですが、きちんとした蒸気機関車で人を乗せて動きます。ドイツ語では、「die Parkeisenbahn(公園鉄道)」と言います。

13709733_1463810133645190_1179177594_o この公園鉄道は、旧ソビエト圏によくみられるもので、ドイツでもあるのです。
ただ、どこの公園にも「die Parkeisenbahn」があるわけではないですが、私の実家ドレスデンには、ドレスデンで一番大きな「der große Garten」と言われる公園にあります。

1950年からあり、なんと5.6キロの鉄道が敷いてあります。4月から10月のサマーシーズンに走っていて、一年中25万人のお客さんが乗っています。
Grosser_Garten_Dresden_OSM-Karte_-_2014-04-29t.svg

実は、この公園鉄道「Die Parkeisenbahn」は、ドイツ国鉄や公務員などで経営されていなくて、実は子供たちが参加して管理している鉄道です。
その子供たち運行管理主任や目付けなど、様々の仕事をしています。13835746_1463809763645227_627199041_o
ドレスデンとその周りの子供は5年生のときに(日本の中学校1年生)「die Parkeisenbahn」への応募ができて、応募受付に選ばれたら、鉄道の特別な教育を受けることができます。
そして無事試験に合格ができたら、学校の後、一週間1回2回ぐらい「die Parkeisenbahn」に出社をしています。中学生くらいの子供がですよ!

電車が走っていない冬には、子供たちが社員研修に通っています。その
社員研修の中に、切符拝見や、信号の使い方など勉強をしています。2015年には約120人の子供が「die Parkeisenbahn」で働きました。
この中の多くの子どもが、将来鉄道関連の仕事を目指していきます。

「Die Parkeisenbahn(公園鉄道)」は、公園の中に、中央駅、そして各駅があり、それらを回って動きます。有料で、大人は1ユーロから6ユーロの間で、子供は0.50ユーロから3ユーロまでと乗車駅によって違ってきます。13844096_1463809920311878_1511209048_o

日本語のウェブサイトもあるので、もし興味があれば、ぜひ見てください。
http://www.parkeisenbahn-dresden.de/?index_ja

電車がすきな子供たちにはとても人気のある余暇活動なので、日本人の鉄道好きの人にも好まれそうですよね。
またドイツに来た時は、ぜひ公園を散歩がてら、この子供が運営する公園鉄道に乗ってみてくださいね。

今回の記事いかがでしたか?
Ecomドイツ語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。(Julia講師から直接レッスンも可能)


無料で学習したい方はEcomサイトでドイツ語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。