イースターエッグで楽しく日曜日の朝食を過ごす


Guten Tag!お元気ですか? イーコムのユリアです。春になってきて、暖かい天気を楽しんでいますか? そろそろ、キリスト教世界における、クリスマス以外の一番大事な祝日、『復活祭(イースター)』がやってきますね。
イースターは、年によって異なり、2017年は4月16日(日曜日)です。常に日曜日というのがポイントで、その2日前の金曜日からイベントが行われます。

イースターでは、Osterfeuer(復活の焚火)Osterbrot(イースターパン)など、様々な習慣があります。実は、ドイツ一般家庭の中でのイースターの習慣もあります。 その中の一つが、イースター当日の日曜日の朝ごはんです。朝ごはんの前に、Osterhase(イースターのラビット(うさぎ))が隠したお菓子と、ゆでたまごを探してから、家族みんなとゆっくり朝ごはんをたべます。

ドイツの普通の日曜日の朝ごはんは、焼き立てパンとゆでたまごがメインです。このイースター朝ごはんも同じ感じですが、違うのは、ただのゆで卵ではなく、イースターのうさぎが持ってきたチョコと色をつけた卵を食べることです。
湯で卵の卵の殻をむく方法がたくさんあります。ナイフで卵の先を切ったり、スプーンで上を叩いて、殻を壊したら、卵専用のハサミをつかったりできます。

イースターの朝ごはん時間で、特別なのは、子供たちに人気のゲーム遊びです。その名も、「Ostereier-Ticken」(イースターエッグのカチカチ)です。

カチカチは卵をたたく音です。「Ostereier-Ticken」は、二つのゆで卵をつけ叩いて、壊れた卵は負けで、まだ壊れていない卵が勝ちです。殻が壊れた卵をそのまま食べて、勝った卵は、次の家族のメンバーの卵をチャレンジします。
バトルの末、最後残っている卵を持った人が勝利者です。

トロフィーなどがもらえませんが、ゲームの気持ちが大切ですね。このゲームで、大量の卵を食べるようになり、つまらない卵の殻剥きも盛り上がりますね。私の家族には、その「Ostereier-Ticken」(イースターエッグのカチカチ)はよくしていますが、家族は競争が高いので、卵の何個でゲームをしています。ですが、ゆで卵をつかいすぎて、食べきれない場合も多くあります(笑)
今年のイースターには、「Ostereier-Ticken」(イースターエッグのカチカチ)をしてみませんか?
ゆでたまごのぶつけ方や、ぶつける位置にコツがあるのですよ!

今回の記事いかがでしたか?
Ecomドイツ語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。(Julia講師から直接レッスンも可能)


無料で学習したい方はEcomサイトでドイツ語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。