手軽にできるドイツの家庭料理 「Kartoffeln und Spinat」(ジャガイモとほうれん草)


こんにちは、みんなさん! Wie geht es Ihnen?

今日の晩御飯はもう決まりましたか?今日は、ドイツの料理を作ってみませんか?ドイツの家庭料理は意外と作りやすくて、現地ではとても安く作ることができます。
ただ、日本では残念ながら、手に入りにくい食材などがあるので、高くなってしまうこともあります。そこで、今日は日本ですぐ手に入る食材を使ったドイツ料理を紹介したいと思います。 シンプルに、「Kartoffeln und Spinat」(ジャガイモとほうれん草)です。

「Kartoffeln」はジャガイモです。
こちらの料理なら「Salzkartoffeln」(湯でジャガ)あるいは「Kartoffelbrei」(マッシュ・ポテト)でも大丈夫です。
「Der Spinat」(ほうれん草)が入っていますが、ドイツ人は健康的な野菜料理を作るのは苦手で、クリームホウレンソウソースの感じで、もともとヘルシーなものでも、カロリーが高い料理になります。
ですが、とてもおいしいので、ぜひ作ってみてくださいね。

4人分
Spinatsauce クリームほうれん草ソース:

ほうれん草  500 g
水 300 g
コンソメ 500ml当たり
玉ねぎ 1 個
ニンニク 1 個
小麦粉 20 g
バター 20 g
生クリーム 50 g
塩 少し
胡椒 少し

 

ほうれん草をきれいに洗って、柄を外してから、鍋に入れます。 鍋に水とコンソメを入れて、30分ぐらいに煮ます。ほうれん草ができたから、玉ねぎとニンニクを小さくいってバターで炒めます。
そして、ほうれん草・玉ねぎ・にんにくと・小麦粉・生クリーム・塩・胡椒とミキサーでピューレにします。まだ水っぽかったら、もうちょっと小麦粉を入れてください。
これで、ホウレンソウソースができました。

次は、Kartoffelbrei (マッシュポテト)を作りましょう。

Kartoffelbrei
ジャガイモ 1 kg Kartoffel(n)
暖かい牛乳   1/4 Liter
バター 50グラム
塩・胡椒

 

生ジャガイモの皮をむいて、四分の一に切って、塩水で柔らかくなるまで茹でます (15分―20分ぐらい)。
ジャガイモが柔らかくなったら、水を出して、フォークかスプーンでつぶします。 つぶしてから、温かい牛乳とバターを混ぜて、もう一度スプーンなどでよくつぶしながらまぜます。

ほうれん草とマッシュポテトで一応足りますが、ドイツ人はこれにプラスしてよく卵を食べます。
その卵は、ゆでたまご、又は、目玉焼き・スクランブルエッグなどです。
私的には、目玉焼き・スクランブルエッグが一番に合うと思います。
こちらの料理はとても簡単で、子供も好きだと思いますので、ドイツ料理の一つとして作ってみませんか?

今回の記事いかがでしたか?
Ecomドイツ語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。(Julia講師から直接レッスンも可能)


無料で学習したい方はEcomサイトでドイツ語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。