ドイツの地方の名物料理Best3


Guten Tag ihr Lieben! お元気ですか?今年はドイツへの旅行をしてみませんか?

もちろん観光場所が多くて、ドイツはいつも観光すればいい国です。首都ベルリンだけでなく、地方には地方の雰囲気にあった美味しい食べ物がたくさんありますよ!
今日はその地方にある有名ドイツ料理のうち、ドイツ人ならだれもが知っているBest3を紹介します。

 

①Himmel un Ääd/ Himmel und Erde (天国と地球)

こちらの食べ物はHimmel und Erde(天国と地球)だと呼ばれていますが、
ドイツ西部の工業地帯ノルトライン・ヴェストファーレン州(代表都市ケルン)の食べ物なので、正式には「Himmel un Ääd」だと言われています。

では、「天国と地球」とはどんな食材を使った料理でしょうか?皆さん想像できますか?それは、アップルソースとマッシュポテトを使った料理です!りんごは木の上にある神話にも登場する「Himmel」(天国)のシンボル。
ジャガイモは大地にあり「Erde」(地球)とのシンボルです。

甘酸っぱいアップルソースとマッシュポテトはあまりないマリアージュ(組み合わせ)ですが、甘さと塩味はよく合いますよ!もちろん、アップルソースとマッシュポテトだけでは寂しいので、よく焼いたソーセージなどと一緒に食べられています。
ドイツらしい食べ物であるソーセージとマッシュポテトに、特徴的なアップルソースがあったら、ぜひこのケルンの代表的料理、「天国と地球」を思い出してみてください。

 

②Birnen, Bohnen und Speck (ナシ、長い豆、ベーコン)

ドイツ北部Hamburg(ハンブルク)の名物料理です。名前でもわかりますが、Birnen, Bohnen und Speck (洋ナシ、長豆、ベーコン)でできた料理です。これら材料の旬の季節である、8月や9月ころによく食べられています。Birnen, Bohnen und Speck (洋ナシ、長豆、ベーコン)は鍋のような感じで、ジャガイモと一緒に食べられています。Bohnen und Speck(長豆、ベーコン)はとても合うものですが、洋梨が材料にあるのは意外ですよね。

ですが、この三つのマリアージュ(組み合わせ)の鍋がとてもおいしいので、北ドイツに行く機会があればぜひ食べてみてください。逆に、ドイツで鍋に洋ナシが入っていたら、ハンブルクの名物料理だと思ってください。

③Bremer Knipp (ブレーメンのクニップ)

名前から推測できない料理ですね!ドイツ北西部の中核都市ブレーメンの名物料理ですが、Knipp(クニップ)とはなんでしょうか?Knippは見た目ハンバーグのような感じのソーセージで、肉以外に様々な種類の麦が入っています。ブレーメンのものは豚の頭、豚のおなかと牛のレバーが入っています。そのソーセージを茹でてから、ミンチのようにつぶして焼きあげます。

焼いたソーセージ(見た目ハンバーグ風)はパンやジャガイモとあわせて食べられます。 カボチャとアップルソースでもよくあります。こちらの食べ物は材料からあまり食欲がわかない人もいるかもしれないですが、ドイツ人はソーセージが得意なので、試しにドイツでKnippも試食してみてください!

いかがでしたでしょうか?
ドイツの国土面積は、日本とだいたい同じか少し小さいくらいなので、日本と同じように地方料理もたくさんあります。旅行なのでドイツの地方都市に行く機会があったら、その土地の名物料理にTryしてみてくださいね。

今回の記事いかがでしたか?
Ecomドイツ語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。(Julia講師から直接レッスンも可能)


無料で学習したい方はEcomサイトでドイツ語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。