【風邪の妙薬】ドイツ式風邪対策の定番料理3つ


Guten Tag ihr Lieben! お元気ですか?イーコムのユリアです。最近寒くなってきましたが、風邪はひかないように、気を付けてくださいね。もしもう引いたら、体をきちんと休ませて、きちんと栄養を取るのは大事ですね。ドイツ人が病気な場合、会社を2日3日ぐらい休んで、風邪直しのための定番料理をとっています。
今日は、ドイツの家庭に伝わる風邪を引いたときに食べる特製メニューを紹介したいと思います。

 

der Möhrenapfelsalat リンゴとニンジンのサラダ

こちらの料理は生野菜でできているので、ビタミンはたっぷりです。
ニンジンの一本とリンゴの四分の一を細く卸して、レモンジュースをつけて、簡単に作れるサラダです。 ジューシーで、フレッシュな感じで、とてもおいしいサラダです。
消化にも優しいです。

die Hühnersuppe チキンスープ

こちらの料理は、よく食べられている風邪に効果のある定番料理です。
日本風で言うと卵雑炊のような感じでしょうか?
鳥の足や鳥の一匹を、野菜と玉ねぎを2時間・3時間を煮て、塩と胡椒で味をつけて、パスタと卵をいれて、出来上がりです。
体が弱っているので、作る力がなくて、缶詰めのHühnersuppe (チキンスープ)も買うことができます。 病気じゃなくても、おいしく食べれます。

heißes Bier ホットビール

では。前菜とメーンがあるなら、飲み物も特製を準備しましょう。
ビールを一本開けて、鍋にいれて、温めます。出来上がりです。
日本だと玉子酒のような扱いでしょうか?
ドイツでは、日本酒ではなく、ビールです。
ビールは普通に冷たく飲むものですが、温めると体にいいらしいです。
暖かいビールを飲んでから、すぐ寝ると、体はゆっくり休ませることができます。

みんなさん、もし季節の変わり目に風邪を引いたりしたら、日本式以外にもドイツ式のこれらの料理を作ってみてもいいかもしれません。
もちろん、ドイツに住み始めた日本人は、覚えておくと役立ちますよ。

今回の記事いかがでしたか?
Ecomドイツ語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。(Julia講師から直接レッスンも可能)


無料で学習したい方はEcomサイトでドイツ語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。