12月、私のドイツの実家のよくあるランチメニュー(レシピ付)


みんなさん、こんにちは。 Wie geht es Ihnen?そろそろ大きなイベント、クリスマスがやってきますね!ドイツでは、X’masに気分を盛り上げるクリスマスディナーの用意で忙しいのが日常です。

そのため、12月に入るとX’masイブのディナーばかり考えがいってしまい、ランチを簡単にしてしまう習慣があります。

例えば、私の実家では、Bockwurst und heiße Schokolade(厚い茹でソーセージとホットココア)というのが、12月の定番ランチメニューとしてあります。

 

私にとって懐かしい12月のドイツ料理ですが、作り方がとても簡単なので、ここで皆さんにレシピと一緒に紹介しますね。

 

 

材料(一人当り):

ソーセージ1-2本
パンロール1―2個
マスタード

お湯 150ミリ
ベーキングココア 1大匙
砂糖 1小さじ
(コーヒークリーム)

今回の材料は少なくて、簡単ですよね?
作り方も簡単です。

鍋にソーセージを入れて温めます。

ポイント

 

として水は沸騰しきらないようにしましょ。

煮えあがるとソーセージの皮が破れてしまい、おいしくなくなります。

 

ロールパンをフライパンでトーストをします。

 

クリスマスに、店が閉まっているので、焼き立てパンはあまり手に入らなくて、2日前のものを使われていますから、トーストしないとおいしくないです。

もちろんソーセージにマスタードも入れて食べます。

 

それでは、ホットココアの方も作りましょう。

150ミリのお湯にココアと砂糖を入れて、完成です。

実は、こちらの飲み物「大人のココア」で、私は子供の時に、そのココアが苦手でした。 甘さとミルクの柔らかさがたりなくて、ブラックコーヒーのような感じをしました。

 

私の知り合いの中では、クリスマスランチにはポテトサラダが定番のメニューとしてあげる人が多いですが、私は曽祖父さんの時代から、今回のこちらの料理が定番になっています。

ちょっとシンプルすぎる昼食ですが、たまには胃腸休めにもいいメニューかなと思います。機会があればこのドイツ家庭料理を試してみて下さい。

 

今回の記事いかがでしたか?
Ecomドイツ語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。(Julia講師から直接レッスンも可能)


無料で学習したい方はEcomサイトでドイツ語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。