ドイツ語慣用表現。Einen an der Waffel haben (何かワッフルにつけてある)


Guten Tag ihr Lieben! お元気ですか? Hier ist Julia von Ecom.
面白いドイツ語のコーナーへようこそ!今日はおいしそうな慣用句を紹介したいと思います。 「Einen an der Waffel haben」です。

直訳:何かワッフルにつけてある
意味:頭がおかしい

「Die Waffel」は一般的に「ワッフル」の意味です。「haben an~」「~につけてある」を意味しています。
「einen」は「あるもの」です。そのため、「Einen an der Waffel haben」は「何かワッフルにつけてあるあるもの」として直訳ができます。ワッフルの上に、かわいらしいチョコソースがかけてあるということでしょうか? それとも、通常とは異なる変なものがつけてあるのでしょうか?

実は、こちらの「Waffel」はお菓子のワッフルではなく、昔のドイツ語で、「口」を意味していました。

現在はもう使われていませんが、こちらの「Waffel」は、「唇が落ちてしまいそうなほど大きな口」の意味でした。そこから派生して「waffeln」という動詞ができて、「ナンセンスを話している」「無駄話をする」というマイナスの意味をワッフルは持つようになりました。

そのため、「waffeln」をしている人は、変な話をする、頭のおかしい奴!との考え方が作られました。
ですので、「口に何か(変なことが)ついてある」という言い方は、Einen an der Waffel habenになりました。

こちらの慣用句は文字通りちょっと失礼になるので、使うとしたら、気を付けてくださいね。 ビジネスには使えなくて、仲がいい友達や家族などにも、気を付けて使ってくださいね。

使い方は、こちらの例で見ておきましょう

A: Ich habe gestern mein ganzes Geld meinem neuen Freund gegeben. (新しくできた彼氏に、昨日すべての貯金を渡しました。)
B: Bitte was? (なんって?)
A: Ja, er hat Geldprobleme und ich wollte ihm helfen. (うん、お金には困っているみたいで、助けようと思いました)
B: Du hast wohl einen an der Waffel! Von dem wirst du nicht wieder hören.
(ワッフルに何かつけてあるだろう!=頭がおかしい!バカ! その彼氏はお金を持って行って、もう消えたでしょう)

こちらの会話の中にはAさんはとてもバカなことをしました。Bさんはその話を信じられなく、頭がおかしい人しかしないことだろうとしてしまったので、Du hast wohl einen an der Waffel!と言いました。

こちらの場合には、友達に注意をしているので、厳しい言い方を選んだわけです。 バカな話をするときには、理解ができないことをしたしまったときには、こちらの慣用句が使えます。
身近なワッフルから意味が派生した面白い表現フレーズでした。

今回の記事いかがでしたか?
Ecomドイツ語ネットでは講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。(Julia講師から直接レッスンも可能)


無料で学習したい方はEcomサイトでドイツ語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。