試験対策の方へアドバイス

過去問・公式本をまず活用

TOEIC, TOEFL, IELTS, 英検, TEAPといった試験攻略には、1つの王道があります。
それは、
過去問、または公式本を何度も解いて、問題に慣れる(その後苦手分野があれば、個別につぶしていく)というものです。

〇過去問メリット1:問題形式に慣れる

語学試験は、事前の告知なく、問題の形式が急に変わることはありえません。

大問数、出題順、難易度、時間配分など、過去問を解くことで、わかることがたくさんあります。

ちなみに、試験機関オフィシャルでない予想問題集の類は、多くが本番試験より難し目に作ってあります。ですので、順序として、まず過去問に取り組み、余力があってまだしたい人は、予想問題などに取り組んでもよいです。

〇過去問メリット2:似たような問題、同じ問題に巡り合える。

各語学試験には、出題の癖というものがあり、何度も出てくる問題、語彙、フレーズ、トピックがあります。

語学試験と言えば、総合力勝負の、幅広いことを聞いてくるように思えますが、実際は、各試験毎の出題の癖を理解して、取り組む方が効率的です。

その出題の癖を得るためにも、過去問や公式本をこなすことが最適です。

過去問、公式本を使ったEcomグループレッスンで、定期的な対策を!

Ecomオンライン英会話では、グループで過去問や公式問題集を使ったレッスンを行っています。

試験直前になって、”まだ何もやっていない!”、”対策どうしよう?”とならないように、試験を申し込んだら、是非Ecomのオンライングループレッスンに、週1ペースでもいいので、参加してみてくださいね。

〇メリット1:学習のペースがつかめる

〇メリット2:  他の受験者の英語レベルと比較して、奮起できる。

『問題概略説明→一緒に問題を解く→講師解説』の順で行っていきます。