TOEIC対策クラス

オンラインで、専門の講師と、公式問題集を使ってTOEIC対策を行えます。

TOEIC学習法比較

△ 独学△ 通学スクール〇 Ecomグループ英語塾
費用は教材代だけだが、強い意志が必要。うまくできない場合、受験費用が無駄になってしまう。通う手間がかかり、開講スケジュールが限定的(早朝、深夜はやっていないしコマ数も少ない)。変更も融通が聞かないことが多い。プロの講師が担当。オンラインで手軽に受講可(予約・キャンセルは共に1分前までOK)。開講スケジュールが多い。

モニタークラス参加者の声

30代、男性

『TOEICテスト対策として、公式本を持っていたので、その本を使ってすぐオンライン受講できるのがよかったです。

一人だとなかなか学習が進まないこともありますが、レッスン形式だと、先生がぐんぐんひっぱってくれるので、大変助かりました。おかげでTOEIC形式にも慣れ高得点が狙えそうです。』

20代、男性

『初めてトーイックを受験したときは、試験前日に慌てて対策をしようとあせるばかりで、結果はボロボロ。

今回2回目の受験は、試験申し込み前に、この講座を申し込んでいたので、結構前から定期的に対策が行えました。TOEIC対策の勉強時間を、こうした形できちんと確保できたのがよかったと思います。』

〇採用教材:TOEIC公式問題集

下記教材を、授業で扱っています。

書店などでお好きな教材を入手頂き、各クラスにご参加ください(クラス進路は予約サイト上に掲載されています)。

TOEIC公式問題集
公式TOEIC問題集1
公式TOEIC3
公式TOEICリスニング
公式TOEICリーディング

『問題概略説明→一緒に問題を解く→講師解説』の順で行っていきます。

〇学習スケジュール

予約サイト上に掲載されており、自分の好きなクラス、時間をご自身でご予約頂く仕組みです。

大学生とビジネスパーソンの方向けに設計されているため、早朝、夜、土日に多く授業コマを用意しています。

例:試験申込み日にあわせて開始し、週2回受けていくAさんの場合

月4回プラン6,480円を購入。

まず、自分は、どのクラスに参加するか?(どの公式本教材を使うか?)を、予約サイトの開講日程を見ながら決めます。

ここでは、Standardなブルーの表紙の公式問題集を使うクラスを選び、忙しいので、平日の夜週1回受講することにしました(予約は自身で入れる)。

クラスは既にUnit2へ移っているようなので、Unit1は自分で済ませておくことにしました。

2か月目、忙しい時期だったので、予約スケジュールを変更。出席できない日は、別日程へ無料振替可能なのがとても便利です。

さぁ試験本番まで最後のラストスパート。

一緒に参加している受験生も気合がはいってきている様子。心地よい緊張感のまま、試験当日へ!

TOEIC試験の形式に慣れたこともあり、予想以上の点数をゲット!

次回は、もっと対策して、さらに高得点を目指します。