観光地化しているモスクワの地下鉄 1


yulia profileВсем привет! みなさんこんにちは。Ecomのユリヤです。

モスクワに地下鉄を作るという計画は、1917のロシア革命よりも前から立てられていました。

しかし、ロシア革命、第一次世界大戦、と混乱が続き、正式に出来上がり、開始したのは1935年5月15日です。

歴史的な日で、記録にも残っています。

午前5時48分には電気がつき、その4分後には発着場から最初の電車が動き始めました。6時45分には駅のドアが開けられ、7時には電車が時間通りに動き始めました。

1935年、日本だと昭和10年の、世界全体が不安定な時代にできたのだと思うと、スターリンが、地下鉄をいざという時の避難所のために深くしたといわれても驚かないですよね。

そのため、モスクワで地下鉄に乗ってみるというか駅内に入ってみるとわかりますが、エスカレーターが以上に長いのです。どこまで続くの、これ?と言った感じでしょうか。

метро

ただ、乗っている間に、美術品が展示されていたりして雰囲気が違ってきます。

もっと進み、駅構内に行くと本当にすごいです。

美しく立派で、博物館のような駅がたくさんあります。

中にはソ連の誇りであった男女平等で働く作業者のモザイクがあったり、天井がどこかの教会のように丸まって、外からの光がこぼれたりと本当にさまざまです。

これは、当時ロシアの地下鉄の華やかさを世界にアピールするためにできたものです。

モスクワの地下鉄は、ロシア国内外で有名なので、モスクワ地下鉄ツアーというのがとてもはやっています。

метро2

このツアーは観光客だけではなく、モスクワっ子も参加するのが面白いところです。

また、様々な写真集やカレンダー、ポストカードもこのモスクワ地下鉄ネタで売られています。

ちなみに一回のチケットは50ルーブルで距離には関係ありません。したがって安く目の保養ができちゃうわけです。

そして券売機では1回か2回分、窓口では40回分が確か買えたはずです。

私のおすすめの地下鉄駅ベスト5は下記です。

・労働者のモザイクが美しいКомсомольская (コムソモリスカヤ駅)、

・昔の人の生活や衣装が描かれているКиевская (キエフスカヤ駅)、

・スポーツをネタにしたМаяковская(マヤコフスカヤ駅)、

・素晴らしい銅像が並ぶПлощадь революции (プロシャディ・レヴォリューツィイ駅)、

・ステンドグラスに感動するНовослободская(ノボスロボツカヤ駅)

です。

метро3

大変安くて便利なモスクワの地下鉄ですが、一つ気を付けたい点がございます。大きなスーツケースやベビーカーをもっての乗り継ぎは大変です。

なぜならば、乗り継ぎ駅の間はほとんど階段だからです。荷物が大きい場合、なるべく乗り継がない行き方を選びましょう。

 

今回の記事いかがでしたか?
Ecomロシア語ネットではYulia講師などプロ講師がマンツーマン指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでロシア語学習に役立つ動画が見放題。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

One thought on “観光地化しているモスクワの地下鉄

  • なおこ

    ユリヤさん

    こんにちは。
    ロシアの地下鉄が美術館のようだというのは、どこがで聞いたことがあります。素敵ですね。

    でもエレベーターがないのは相当大変でしょうね。

     メールを2通ほどお送りしましたが、届いていますか?