中南米で渡すと失礼になってしまうプレゼント3つ 2


lina

¡Hola! EcomのLinaです。

日本では、お土産を上げる習慣が大切だと思います。そこで今日のテーマは、ラテンアメリカの人へプレゼントとして送ってはいけないものです。

 

もしラテンアメリカに来たら、絶対にプレゼントとして買わないでほしいものを3つ紹介したいと思います。

その1:ハンカチーフ

南米で渡すと失礼になってしまうプレゼント3つ ハンカチ様々な国で、ハンカチーフをあげることは運が悪くなると言われます。なぜかというと、ハンカチーフをあげたらその人と将来けんかするという迷信があるからです。コロンビアでもこの迷信があります。ただ、今の若者にハンカチーフをあげても、もう迷信のことなど気にしないと思います。

ちなみに小ネタとして、アルゼンチンではハンカチーフをもらった人が、けんかを避けるためにハンカチーフをくれた人にコインをあげないといけない、と言われています。

その2:ナイフ

knifeこれはそもそも、プレゼントとしてあまりあげないかもしれません。でも、実用品ということで選んではダメです。メキシコでは、ナイフはさみをあげると相手との友情関係もそれで切ってしまうという話を聞いたことがあります。ですので、切れるものは実用的でも、プレゼントとしない方がいいです。

その3:特定の花(マリーゴルド、ユリ、紫陽花)

flowers花をあげてもいいですが、多くの国でマリーゴールドユリ葬式に使われるので、これらはやめた方がいい代表的な花ですね。日本だと菊にあたると思います。

あと独身の女性がいると、その家族にアジサイをあげない方がいいかもしれません。なぜかというと、独身女性の家にアジサイがあると、結婚できないという迷信があるからです。

 

ちなみに、私の日本人の友達がコロンビアへ遊びにきた時、アジサイを私の父親にあげました。父は少し不機嫌そうでした(笑)

でも私は気にせず、しかもその時独身だったのに今は結婚しています!そして、あのアジサイもまだ家の庭にあって、綺麗な花がたくさん咲いています。あくまで迷信なのでそれを信じない人には大丈夫ですが、中には信じる人もいるので、安全策としてあげない方がベターです。

 

いかがでしたか?まだまだ他にもラテン独特のカルチャーがあるので、別の機会にまとめて紹介していきます。

 

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “中南米で渡すと失礼になってしまうプレゼント3つ