スペインでは12月28日がエイプリルフール!


Ecomスペイン語講師ana
¡Hola!EcomのAnaです。
皆さん、明日12月28日は何の日か知っていますか?明日は“El Día de los santos Inocentes”(無邪気な子供たちの日)です。知っている人は少ないと思いますが、これもクリスマスの時期に行う風習の1つです。

スペイン人が悪戯をする日、“El Día de los santos Inocentes”

英語圏の国の“April Fool’s Day”(エイプリルフール)は聞いたことがありますよね?“El Día de los santos Inocentes”はエイプリルフールとよく似たイベントです。スペインやスペイン語圏のラテンアメリカの国では、12月28日に悪戯をする習慣があって、たくさんの人がこの日を待っています(笑)。スペイン語で“inocente”は英語の“innocent”と同じで「無罪」という意味です。また「罪の無い人」以外にも、子供らしく馬鹿正直な人を指す意味でも使われます。

1228 pictureEl día de lo Santos Inocentes”は、聖書の中のある物語に由来しています。
イエスの幼少時代、ヘロデ大王という人が、「ベツヘレム(イスラエルの街)に新しい王様が生まれた」と預言者から聞きました。大王は自分の立場を守りたいので、これを恐れて、「ベツヘレムにいる2歳以下の子供を、全員殺せ」と命じました。そうすることで「救世主」イエスを滅ぼそうとしたのです。イエスの両親ヨセフとマリアはお告げでこの危険を知って、エジプトに避難しました。しかし、多くの子供たちが殺されてしまいました。この出来事が起きたのが、12月28日なのです。そのためこの日は、殺されてしまった“inocente”な子供たちのための日になりました。

でも、なぜ、このようなひどい出来事があった日が、今では悪戯をする日になっているのでしょうか
それについては色んな説がありますが、中世にあった習慣が変化したものだと言われています。中世の頃、12月28日はキリスト教徒にとって神聖な日でしたが、そのすぐ後に、他のお祝い事がありました。それは宗教と何の関係もない“Fiesta de los locos”(狂ったお祭り)というイベントです。“Fiesta de los locos”は元々、皆が暴れまわるような非常にふざけたお祝いでした。そのためスペインの教会は、どうすればこのお祝いを自然になくすことができるか悩んでいました。
そこで教会は、2つの祝いを1つに混ぜてしまうことで、両方のイベントを平均した、穏やかなものにしました。

スペインでは12月28日がエイプリルフール!では、現在の“El día de lo Santos Inocentes”はどんな感じで行われているのでしょうか
私みたいな“inocente”で気が散りやすい子は、色んな悪戯をされるので気を付けた方がいいです(笑)。よくやられるのは、“inocentada”という、背中に白い人形を貼る悪戯です。この人形を、“inocente”な友達の背中にばれない様に貼ります。これを貼られてしまった人を見つけたら、周りの人は「この人は騙されやすい人です!」「悪戯しましょう!」という意味で“¡Inocente, inocente!”と言います。他にも例えば、スペインではこの日に祭りを行って、集まったお金を障害者の子供やその家族に寄付しますよ!

これは数年前から始まったのですが、有名になってきたので、今ではスペインの芸能人も参加しています!もちろん「悪戯の日」なので、芸能人も色んな悪戯をされます。この様子はテレビで放送されているので、スペイン人は皆、自分の好きな芸能人がどんな悪戯をされるか、楽しみに見ていますよ(笑)
28日にスペイン人に会う人は、“inocentada”をやられないように気をつけてください(笑)
相手より先に、に悪戯しちゃってもいいかもしれませんね~

Un saludo,
Ana

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。