スペインのクリスマスパレード”Cabalgata”


Ecomスペイン語講師ana
イーコムのAnaです。Hola, amigos.
以前お話ししたように私は最近引っ越して、両親の住む実家から離れました。けれど、必ず実家に戻る日があります。それは、 ¡el día de Reyes!(三賢者の日)です。最近よく、この三賢者(三博士とも言いますね)の話をしていますが、スペインではサンタクロースではなく、幼少時代のイエスに贈り物をあげた「中東の三賢者」を祝う習慣があります。

毎年1月5日にはスペインのあらゆる町で「Cabalgata」というパレードが行われます。元々Cabalgataは馬でパレードをすることなのですが、現在はチャリオット(戦い用の馬車)が使われています。そしてこのパレードには中東の三賢者が登場して、子供達に飴やお菓子を配っていきます。
私の実家があるセビリアのパレードでも、大勢の人が参加していました。セビリア市の通りいっぱいに、中東の三賢者を待ち切れない様子の子供たちがいました。

スペインの全ての街が参加するパレード、"Cabalgata"とは?
三賢者のパレードは5日だけではありません。三賢者は6日の朝に子供にお菓子をあげてから、同じ通りにまた戻ってきてパレードをします。それが本当に最後のパレードで、終わったら来年までは戻ってこないです!(笑)
6日のパレード、「Las cabalgatas」の方が5日より特徴的で、それぞれの街が個性的なパレードをするので私は好きです。
ただ、6日に行うパレードは5日の公式なパレードよりも小さいので、観客の人数も方少なくなります。
しかし、音楽や仮装、チャリオットのデザインなどが格好良くて、すごい人気になるチャリオットもあります。そういうチャリオットは、自分たちの街の人だけでなく周りの街の人も見に来ます!
今年セビージャの街は、普段のミュージックバンドではなく「batucadaバトゥカーダ」というスタイルのチャリオットにしました!「La batucadaバトゥカーダ」というのは、あらゆる打楽器を使ったバンドです。アフリカの打楽器なども使います。ブラジルのSamba(サンバ)が有名ですね。Carnavales(カーニバル)の代表的な音楽です。

このパレードが私の家の目の前まで来ます。こちらは、家の窓から撮った映像です^^

「batucada バトゥカーダ」の音が聞こえますよね?三賢者がチャリオットから投げているのは飴です。周りでは子供たちがこれを拾い集めています!

どうですか?楽しそうでしょう?
日本のオススメのパレードは何ですか?ぜひ教えてください!
¡Hasta otra!
Ana

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。