南米名物の「飲むサラダ」マテ茶の秘密


lina
¡Hola! ¿Qué tal? Ecomのリナです。皆さんはお茶が好きですか?日本は色々なお茶が売っていますよね。緑茶やほうじ茶、中国発祥の烏龍茶…。
今回は南米のお茶、マテ茶について書きたいと思います。
マテ茶は、Cono Sur (コーノ・スール 南米の最南端部)で人気があります。アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、チリ南部、ボリビア南部(チャコ地方)、ブラジル南部(サンパウロなど)でよく飲まれます。

南米で飲まれるマテ茶 yerba mate(イェルバ・マテ)の葉

マテ茶はこの写真の、yerba mate(イェルバ・マテ)という植物の葉や小枝を乾燥させて、それにお湯を入れて作ります。
ひょうたんで作られた容器(mateまたはporongo)に入れて、bombillaという金属のストローで飲みます。実は、先住民のケチュア語で”mate”とは「ひょうたん」を意味します。つまり、マテ茶という名前はひょうたんの容器に由来しているんですね。
近年はこの伝統的な飲み方以外にも、ガラスのカップを使ったり、紅茶のようにティーバッグを使ったりする人もいます。

 

南米で飲まれるマテ茶 mate、porongoのひょうたん、bombillaという金属のストロー

 

マテ茶にはカフェインや抗酸化物質が入っていて、「飲むサラダ」と言われるくらい体に良いです。南米の人は牛肉を食べることが多いので、マテ茶で栄養のバランスを取っているとも言えます。しかもマテ茶はカロリーがほとんどないので、ダイエットにも効果的です。
ただちょっと苦いので、砂糖を入れる人も多いです。Mate amargo (苦いマテ茶)を好む人にとっては、砂糖を入れるのは冒涜だと考えられています(笑)
お湯の代わりに牛乳を入れると、Mate de lecheになります。この場合は砂糖も入れるのが普通です。Leche (牛乳)が入っているので、porongoとbombillaが洗いにくくなります。そのため、mate de lecheを飲む人専用の茶器があります。
また、マテ茶に他のハーブを入れる人もいます。例えばミント、レーモンバーム、以前Ana先生が紹介したアニスなどです。

マテ茶は、飲み方も少し面白いので紹介したいと思います。一人が一つのporongoを使うのではなく、みんなでmateを共有するのが本場の飲み方です。ソーシャルな習慣ですね。皆同じporongoからマテ茶を飲んで、話をして楽しみます。また、道や公園でマテ茶を飲んでいる人もよく見かけます。
マテ茶を一つの容器から飲む時は、別に毎回 “gracias”と言う必要はありません。満足して、もう飲みたくない時にだけ”gracias”と言えば、他の人からmateが回ってこなくなります。

 

南米で飲まれるマテ茶 mateを回し飲みする習慣
私の伯母はブラジル人の男性と結婚したので、コロンビアへ遊びに来る時はいつもマテ茶とマテ茶の茶器を持って来て飲んでいます。私も飲んでみたら、結構おいしかったです。
最近は日本でもマテ茶が売っているらしいですが、皆さんは飲んだことがありますか?感想も是非教えてくださいね。

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。