カタルーニャ州の独立運動と住民投票


Ecomスペイン語講師Ana

EcomのAnaです。¡Hola, gente!

最近、スペインの政治が混乱しています。もちろん経済危機は大変ですが、きっと改善されます。
今回の話題は、それではありません。ニュースをよく見る人は知っているかもしれませんが、スペインの北東に位置するカタルーニャ州が、独立問題で話題になっています。
カタルーニャ州は昔から独立を主張していて、特に数年前から活発に動いていました。彼らはカタルーニャ州の独立を自分たちの住民投票で決めたいと考えていましたが、先日、国会でその案が否決されたのです。スペインでは今、誰もがこのことについて話しています。

スペイン カタルーニャ州の独立運動と住民投票

カタルーニャ州といえばバルセロナが有名な街ですが、彼らが独立運動をするのはなぜでしょうか?
それには、歴史的な理由があります。19世紀までカタルーニャは、自分たちの歴史や言語、伝統に基づく独自の国でした。
カタルーニャの独立運動が盛んになったのは、20世紀前半からです。様々な政党や組織が、スペインからの独立を主張しました。さらにその後、独立を支持する人は少しずつ増えていきました。そこには、フランコ政権によるカタルーニャの支配が大きく影響していました。

そして最近では、カタルーニャ州の独立を主張する人は100万人を越えたと言われています。彼らは自決権を求めて、カタルーニャの市町村で独立の住民投票を行うことを要求しました。住民投票の案はカタルーニャの州議会では、賛成多数で可決されました。賛成の内55%は「Estelada flag」という、スペインからの独立を主張している政党の票です。

スペイン カタルーニャ州の独立運動と住民投票

Estelada flagの旗は、独立のシンボルになっています。

しかしスペインの国会では、住民投票の案は賛成47票に対して反対299票で否定されました。この案に対しては、与党も野党も協力して反対しました。カタルーニャ州の政党以外に賛成したのは、同じくスペインからの独立を主張しているバスク州の政党だけでした。

しかしカタルーニャ自治州のマス首相は、独立投票の開催を諦めないそうです。彼は今回の結果に対して、次のように言っています。「彼ら(スペイン)はカタルーニャの人々が投票することを恐れている。これでカタルーニャの問題は終わりと言う人もいるが、それは違う。これで終わるわけではない。」

今スペインのメディアでは、失業や経済危機と一緒にカタルーニャ州の問題が大きく伝えられています。とても複雑な問題なので、これからどうなるかはわかりません。
ですが、民主主義と平和に基づいた方法で解決することが、大切だと思います。

¡Hasta otra, amigos!
Ana

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。