現地スペイン人が教える、セビリア春祭りを10倍楽しむ方法


Ecomスペイン語講師Ana

EcomのAnaです!Hola a todos.

聖週間の2週間後、セビリアでは春祭り(Feria de Abril)が開かれます!6日間誰もが飲んで、食べて、踊って、闘牛を見て、音楽とカーニバルに参加して…最高に楽しいですよ!
行ってみたくありませんか?前回のポストでお祭りの紹介をしたので、今日はもし皆さんが春祭りに参加した時のためのアドバイスを書きたいと思います。

春祭りは、アンダルシアの伝統的な文化を感じるとてもよい機会です。場所もLos Remediosという地区のすぐ近く、グアダルキビル川(Guadalquivir River)に位置しています。
最初に、春祭りに行く人に覚えておいてほしいことがあります。お祭りは、小さな町が約1週間作られるようなものです。そのため、ものすごくたくさんの人で混みます!友達などとはぐれないように気をつけてください。

また、お祭りは時間によって来る人が大きく変わります。昼間は、馬や馬車に乗って街を見て回るのが良いでしょう。値段は結構高いですが、馬車を貸しきることもできます。また食べ物を食べて、祭りの様子を写真に取るのも昼間のほうがオススメです。どこに行っても踊っている子供たちを見かけますよ。

スペインの一大イベント、セビリアの春祭り

昼間とは反対に、夜はお酒とダンスの時間です!finoやmanzanillaなどのお酒がたくさん飲まれています。若者たちは真夜中になるまでは、会場の中や近くにあるバーに入っていて、それから外に出てきます。夜に訪れた人は、正面の門がライトアップされているのを必ず目にすると思います。昼間よりは人も少なくなります。それでもまだまだ、たくさんの人がいますけどね!(笑)

さて、次は私の大好きな食べ物についての話をします 🙂
時々美味しい食べ物もありますが、お金が結構高いし、メニューもレストランと比べたら限られてきます。塩漬けのハムやソーセージ、あとはシーフードなどが主に売られています。お祭りの中で何か食べようと思っている人は、ある程度のお金を用意しておいたほうが良いです。
早朝やお酒を飲んだ夜には、トリアナ橋(Triana bridge)の隅の方では多くの人が集まって、チュロスとチョコレートを食べています。

スペインの一大イベント、セビリアの春祭り

またお祭りでは、音楽とともに踊っている人をどこでも見つけられます。スペインと言えばフラメンコを想像する人が多いと思いますが、祭りで人々が踊っているのはSevillanas(セビジャーナス)です。これは、フラメンコのバリエーションの1つですが、伝統的なフラメンコとはタイミングやリズム、歌い方が違います。そのため地元では、Sevillanasはフラメンコとは全く違う種類のダンスだと考えられています。セビリアの人たちは、ダンスをするために生まれてきたの?というくらいに踊るのが上手です。ほとんどの人が、ある程度のレベルで踊ることができます。お酒の力も、少しありますけどね(笑)

馬や衣装やcasetasなどの写真を撮って、お酒を飲んだり踊ったりしたらホテルなどへ帰ることになりますよね。この帰り道はcalle de infierno(“road from hell”)と呼ばれています。酔っ払った人が大勢いるからです(笑)
夜中の1時以降に帰る人は気をつけてください。
最後にもう一つ、こちらへ来る人に伝えたいことがあります。旅行者は皆カメラやお金を持っているので、スリなどに狙われやすいです。私はまだありませんが、周りには被害にあった人もいます。荷物は離さないようにして、注意しておいてくださいね!

スペインの一大イベント、セビリアの春祭り

Y, eso es todo amigos, ¡disfrutad la Feria!

Saludos,
Ana

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。