スペインに残るローマ帝国の遺産「メリダ」


Ecomスペイン語講師Ana

EcomのAnaです。¡Hola a todos!
スペインでは少し前から、夏休みが始まりました!こちらでは学期が9月から6月までなので、先生として働いている私たちは2ヶ月間授業がありません。なので今は、新学期までに休みをとってリフレッシュする期間です。

そこで今回は、私が去年のこの時期に友達と旅行した場所、Mérida(メリダ)についてお話します!

私は、去年の夏「どうしようかな~」と夏休みの計画を立てていました。そしたら、ラケールという大好きな友達から連絡が来たので、一緒にメリダへ出かけました。

 

Mérida(メリダ市)はExtremadura(エストレマドゥーラ州)の街なので、私の住むAndalucía(アンダルシア州)より少しだけ北にあります。でもスペインの中では南の方なので、セビリアと同じように乾燥している暑い地域です。

 

espana
でも、どうしてビーチでゆっくりしないでそこへ行ったのでしょうか?それは、メリダには歴史的な遺産がたくさんあるからです!

 

メリダはローマ帝国時代の遺産が多く残っている街で、UNESCOの世界遺産にも登録されています。そのため、いつも観光客がいっぱいです。私は17歳の時にも、一緒にラテン語を習っていた学生グループで一緒に行ったことがあります。

メリダの街はローマ帝国時代に作られて、時間とともに段々重要な街になっていきました。
この時代、メリダは”Augusta Emerita”(アウグストゥスの遺産)と呼ばれていました。街で散歩をすれば、ローマ時代へタイムスリップすることができますよ^^

 

building1

 

 

building2

 

ところで、皆さんご存知の通り、古代ローマ人は演劇が大好きでした。そこでメリダ市は、街の歴史をアピールするために、古代演劇祭を毎年行っています。

私とラケールは去年、そこで”Medea”(メデア)というショーを見ました。しかも劇の会場は古代ローマの円形演技場なので、雰囲気は最高でしたよ!

 

building3

 

この写真は携帯電話で撮ったので、品質があまりよくないですね。それでも、場所の雰囲気は伝わると思います。
たくさんの人と古代ローマの遺跡と、美しい光や星…。とっても良かったので、いつか皆さんも、行ってみてくださいね!

 

以上、今回のポストは”Augusta Emérita”についてでした。

Muchos abrazos,
Ana

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。