中南米の定番料理!本場のタコスの作り方


lina

¡Hola! ¿Cómo están? Ecomのリナです。私は先週末”taquería”で昼ご飯を食べました。

”Taquería”とは”tacos”(タコス)が売っているお店のことです。タコスはメキシコの代表的な料理ですが、皆さん食べたことがありますか?
日本でもメキシコ料理のレストランがたくさんありますね。メキシコ料理は世界中で有名で、加えて”tex-mex”もよく食べられます。

”Tex-mex”というのは、テキサスのメキシコ風料理のことですよ。
メキシコ風の料理と言えば、ちょっと面白い話があります。私は日本でタコライスを初めて食べた時、「蛸ライス」を想像していました。そしたらタコスが入っていたので、びっくりしました(笑)
蛸が入っていなくて少しがっかりしましたが、美味しかったです。

さて、伝統的なタコスはトウモロコシのトルティーヤで作られます。最近は小麦粉のトルティーヤもありますね。下の写真は、トウモロコシのトルティーヤです。タコスはいろいろな材料をトルティーヤに入れて、包んで食べます。

 

中南米の定番!本場のタコスの作り方

 

ソースも色々な種類があります。ソースはスペイン語で”salsa”と言いますが、英語や他の言葉で”salsa”は、メキシコ風のトマトソースを表します。
これはトマトベースに玉ねぎ、コリアンダー、唐辛子の入ったソースです。日本語でもサルサソースと言いますね。
さっき言ったように、具はなんでもありです。鶏肉・豚肉・牛肉だけでなく、魚のタコスもあれば、野菜だけのタコスもあります。
日本では柔らかいトルティーヤを手に入れるのが難しいと思うので、今日はアメリカのタコスを使った、ビーフタコスのレシピを紹介したいと思います!

 

中南米の定番!本場のタコスの作り方

 

★材料★

*サルサ*
トマト:2個(みじん切り)
ライム果汁:1/2個分
ネギ:1/2本(玉ねぎでもOKです)
コリアンダー:大さじ2杯(みじん切り)

 

*グアカモレ*
アボカド:1個
ライム果汁:1/2個分
ネギ:1/2本(玉ねぎでもOKです)

 

*タコスと具*
玉ねぎ:1個(みじん切り)
赤唐辛子:1個(みじん切り) ※辛いものが苦手な方は、入れなくても大丈夫です
緑ピーマン:1個(みじん切り)
油:大さじ1杯
にんにく:1片
パプリカ(お好みで)
クミン:小さじ1杯
牛挽肉:500グラム(豚肉と混ざっていてもOKです)
塩(お好みで)
ハードタコス:約12個
レタス:約3枚(せん切り)
スライスチーズ:(お好みで)

 

★作り方★

 

*サルサ*
材料を混ぜて、塩で味をつけます。少し時間が経つとより美味しくなるので、早めに作るのがオススメです。

 

*グアカモレ*
アボカドの皮をむいて、ボールでつぶします。そこにネギとライム果汁を入れて、よく混ぜます。最後に塩で味をつけます。
※辛いのが好きな方は、サルサまたはグアカモレにみじん切りの唐辛子を入れると美味しいですよ。

 

*タコスと具*
1.フライパンに油を入れて、にんにくを炒めます。そしてネギ、ピーマン、唐辛子を入れます。その後に挽肉も入れて、よく炒めます。最後にパプリカ、クミン、塩で味をつけます。
2.タコスの箱の使い方を読んで、その通り温めます。
3.サルサ、グアカモレ、チーズ、レタス、肉、タコスをテーブルに持っていきましょう。好きな具とソースをタコスに入れて、お召しあがりください。

皆さん作ってみたら、ぜひ感想をくださいね!

 

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。