サグラダファミリアだけじゃない!ガウディの作品たち


Ecomスペイン語講師Ana

 

Ecomのアナです。こんにちは:)

日本では今、Antoni Gaudí(アントニオ・ガウディ)の美術展が開かれているそうですね。そこで今日は、Antoni Gaudíについてお話したいと思います。

ガウディのことは、建築が好きな方は必ず知っているはずです。彼は私たちの国スペインで、最も重要な建築家です。彼はカタルーニャ州のReusという所で生まれました。そして、Modernism(モデルニスモ)という新しいスタイルの建築を作っていきました。彼の作品は主に、バルセロナやその周辺にあります。彼の作品はスペインと密接に関わっていて、スペインやバルセロナの文化を象徴する人です。

 

サグラダ・ファミリアだけじゃない!スペインの建築家「ガウディ」の作品を知っていますか?
私はラッキーなことに、彼の有名な作品のある場所に行ったことがあります。その内のひとつが、Parque Güell(グエル公園)です。ここは1914年に建てられた公園で、バルセロナの街を見渡すことができます。有名な観光スポットにもなっていますね。公園の入り口には大きいトカゲの像があり、とても有名です。公園の中も写真を撮る観光客でにぎわっていて、バルセロナのような都会から逃れてゆっくりする場所として最適です。

 

サグラダ・ファミリアだけじゃない!スペインの建築家「ガウディ」の作品を知っていますか?

 

他にはCasa Batlló(カサ・バトリョ)も行ったことがあります。これもガウディの有名な作品で、バルセロナにあります。この作品は海の生活にインスピレーションを受けて作られました。そのため、とてもカラフルで美しいですね。

 

サグラダ・ファミリアだけじゃない!スペインの建築家「ガウディ」の作品を知っていますか?
Casa Batllóと似たデザインのCasa Milà(カサ・ミラ)という家もあります。こちらも、波のような形をしていますね。ちなみにこちらは、 La Pedrera(石切り場)というニックネームが付いています。

 

サグラダ・ファミリアだけじゃない!スペインの建築家「ガウディ」の作品を知っていますか?

 

ただ、アウディの一番有名な作品は間違いなくSagrada Familia(サグラダ・ファミリア)でしょう。これもバルセロナにあって、世界一有名な建築かもしれません。これは1882年から、40年もかけて作られました。Gaudiは動物や植物の絵を使い、普通の教会とは全く異なる建築を作りました。
戦争中にたくさんの教会やお寺が破壊されましたが、サグラダ・ファミリアは生き残りました。不幸にもガウディは電車にひかれる事故にあって、1926年に亡くなってしまいました。そのため、この傑作を完成させることはできませんでした。
サグラダ・ファミリアは現在も建築中で、いつ完成するのかは誰も知りません。私は20年近く前に家族で旅行をした時に見ましたが、あの時よりは完成に近づいているのでしょうか?気になるところです。

 

サグラダ・ファミリアだけじゃない!スペインの建築家「ガウディ」の作品を知っていますか?

 

ガウディはこのように、バルセロナにたくさんの建築を残しました。今でもたくさんの人が、彼の作品を見にきます。1984年には、UNESCOの世界文化遺産に登録されました。
ガウディの作品によって、バルセロナの町そのものがミュージアムになっていますね!

皆さんもスペインに来たら、ぜひガウディの作品をチェックしてくださいね^^

Ana

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。