「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼」の秘密


Ecomスペイン語講師Ana
¡Hola! Ecomのアナです。
最近はよく北スペインの話をしていますが、今日はSantiago de Compostela(サンティアゴ・デ・コンポステーラ:サンティアゴ街道)について書こうと思います。
サンティアゴ街道は、イェルサレムとバチカンに並ぶキリスト教の聖地です。世界中の巡礼者たちが、スペインの北部にあるSantiago de Compostela市に行くために長い道を歩きます。なぜならここには、キリストの言葉を広めて福音を説いた後にこの地で埋葬された、使徒サンティアゴ(聖ヤコブ)の遺骸が眠っているとされているからです。

 

一度は行ってみたい「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」の魅力とは

 

地図も見てお分かりの通り、ヨーロッパにはサンティアゴ市に通ずる道がたくさんあります。多くの巡礼者はRoncesvalles , Sompotの辺りからスペインに入ります。ピレネー山脈を抜けて、 Aragón、 Navarra、 La Rioja、 Castilla、León そして Galiciaといった街を通ります。その後有名なFrancesa道を通って、サンティアゴ市に到着します。歴史的な道がいくつもあるので、サンティアゴ街道は聖なる道とされています。例えば私の出身地であるセビリアからは、mozárabe通りが通っています。その通りはCatedralから始まっていて、下の写真にあるようなサンティアゴ(聖ヤコブ)の十字の標識が、道のスタートを示しています。その後は写真のような黄色い印があるので、ただそれに従って進みます。ちなみにこの黄色い印は、帆立貝を表しています。聖ヤコブはもともと漁師だったので、それに由来しています。

 

一度は行ってみたい「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」の魅力とは

 

これらの街道は、中世には多くの人に利用されていました。ですが残念ながら、その後の年月の中で忘れ去られていきました。ところが最近になって、再び人でにぎわうようになってきています。多くのスペイン人が、サンティアゴ街道を歩く旅行計画を立てるようになってきています。ただ昔とは違って、多くの場合で巡礼は元々の宗教的な意味とは切り離されたものとなっています。スペイン北部を横切っている巡礼のコースは、壮大で美しい景色を楽しむことができます。そのため多くの人は、この道できれいな自然を楽しみながら、ハイキングなどをして休暇を過すための観光スポットとしています。
さらにサンティアゴ街道の巡礼は、スペインの地域の経済を活性化させる上でも、大きな役割を果たしてきました。最近では巡礼コースの地図を提供したり、緊急用の場所を用意したりするビジネスもあります。また、宿泊するための宿なども大事ですね。

 

一度は行ってみたい「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」の魅力とは

 

全部は難しいですが、どこか一部分だけでも歩いてみると昔の雰囲気を知ることが出来るかもしれませんね。
Un saludo,
Ana

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。