ヒスパニックの英語「スパングリッシュ」とは? 1


Ecomスペイン語講師Anaみなさん、こんにちは!EcomのAnaです。

今日はスパングリッシュ(Spanglish)についてお話します。みなさん、この言葉を聞いたことはありますか?
スパングリッシュとは、スペイン語と英語がミックスされた言語のことです。この言語は、ヒスパニックの人口が多いアメリカで特に有名です。南カリフォルニアやマイアミなどのヒスパニックがたくさんいる地域で話されています。また、プエルトリコや、パナマのような国でも広く使われています。

スパングリッシュは新しい言語ではなく、ピジン語として知られています。ピジン語とは、言葉が通じない人同士がコミュニケーションを取るために、自然に作られる言語のことを指します。つまり、英語を使う人とスペイン語を使う人が交流する中で自然とこの2つの言葉がミックスされていったんですね。そのためお互いの言語の中から簡単な文法、構文だけが使われています。
アメリカは大きい国なので統一されたスパングリッシュはほとんなく、地域によって少しずつ違うスパングリッシュが話されています。さらに、違う国に行くとまた違うバリエーションがあるそうです。
例えば、こちらの動画では、女性がラテンアメリカ人に対するステレオタイプなイメージについて、スパングリッシュを使って話しています!

私は勉強で1年間アメリカに住んでいたことがあるので、スパングリッシュを実際に経験しました。しかも言語学を学んでいたので、とても興味をもっていましたね。
なので、プエルトリコ出身のヴィクター(Victor)という友人がスパングリッシュを話す時は、私は目をまんまるにして聞いていました。彼は完璧に英語を話すのですが、たまにスペイン語の単語を混ぜます。不思議ですが、そうやってスパングリッシュになっているんですね。

ちなみに、スパングリッシュが注目されるようになったのは、ある文学作品が関係しています。皆さんご存知の…そう、『ドン・キホーテ』です!
この作品は、ある有名な一文で始まります。

 

★スペイン語
“En un lugar de la Mancha, de cuyo nombre no quiero acordarme…”

 

★英語

“Somewhere in La Mancha, in a place whose name I do not care to remember….”.
(“ラマンカ(La Mancha)のどこか、名前は覚える気もなかったが…”)

では、スパングリッシュではどのように訳されたのでしょうか?

 

★スパングリッシュ

“In un placete de La Mancha of which nombre no quiero remembrearme”

どうでしょうか?
2004年にジェームス・ブルックス(James L. Brooks)という有名な映画監督が“スパングリッシュ”という映画を作りました。これは、ラテン・アメリカンとアメリカの文化をテーマにしています。主演はスペイン人女優のパズ・ベガ(Paz Vega)で、彼女の演技はとても高い評価を受けました。彼女は演技の中で英語を話さず、完璧に演じました。もしスパングリッシュに興味を持ったら、この映画を見てくださいね!(予告編はコチラになります)

poster spanglsih

みなさんは、スパングリッシュを聞いたことがありましたか?アメリカではスペイン人やラテンアメリカ人が増えてきていますが、スパングリッシュがいつかアメリカの公用語になったりするのかな?

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

One thought on “ヒスパニックの英語「スパングリッシュ」とは?