世界で最も珍しい言語「バスク語」の謎


Ecomスペイン語講師Ana¡Hola, amigos y amigas!(皆さんこんにちは!)

EcomのAnaです!

私は大学生のころ、言語学と文学を学んでいました。そのため、世界の色々な言語やその発展には今でも興味を持っています。今日は、特に珍しい言語だと言われる、Basque(バスク)の言葉についてお話します。

 

バスク語は、スペインの北の方にあるバスク自治州で話されています。バスクは自治州は、スペイン旅行する機会があれば、是非行ってみてください!美味しい食べ物や美しい緑の景色が最高です!そしてもちろん、バスク語でも有名です:)

 

スペインのバスク自治州は、Guipúzcoaparts(ギプスコア) 州、Vizcaya (ビスカヤ)州 と Navarra (ナバラ)の一部、そしてÁlava(アラバ)の一部でできています。

フランスのバスク自治州はピレネー県の西の地域にあります。バスク語でバスク語のことは”Euskaldunak”と言いますが、それは、この言語を話す民族の名前”Euskara”から来ています。

basque flag

バスク自治州の国旗です

 

面白いのは、バスク語は他の西ヨーロッパの言語と違い、インドヨーロッパ語族に属していないことです。しかも、歴史上で知られている他のどの言語とも関係していないのです!バスク語の起源は知られておらず、おそらくローマ時代の前に遡ります。

ただし、バスク語で書かれた最初の記録が見つかるのは、西暦10世紀になってからのことです。専門家たちがずっと長い間調査を続けていますが、まだ結果は出ていません。

これが、バスク語がスペインの宝と言われる理由です。

大切な点ですが、40年ほど続いたフランコ独裁の下では、Euskeraを話す人たちに対してひどい抑圧がありました。国家の威厳を保つため、国の言語はスペイン語であると刷り込まれたのです。現在Euskeraを話すことは、彼らにとって自由の象徴です。プライドのためにあえてスペイン語を使わず、Euskeraだけを話す人もいます。

もし私達の社会からバスク語が失われたら、それはスペイン文化にとって大きな悲劇です。私たちはバスク語という宝物を大切に守っていく必要があります 🙂

 

バスク語についてもっと知りたい人は、こちらのリンクをどうぞ。様々な人がバスク語について話しているのを聞くことができます。

 

Saludos,

Ana

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。