スペイン語の名文、諺『妖精を持っている』


Ecomスペイン語講師Ana

こんにちは、Ecomスペイン語のAnaです。今日は、私の住むスペイン南部でよく知られているフレーズを紹介します。

この表現はとても詩的でパワフルなので、私はよく使っています!

 

 

第22回

“tener duende”

(妖精を持っている)

 

スペイン語の名文、諺『妖精を持っている』

 

今日は“tener duende”という表現についてお話したいと思います。“duende”は「妖精」という意味です。みなさんもご存知の通り、妖精は民話の中でよく出てきますね。私たちがある人を「“duende”のある人だ」と表現する時、その人には神秘的な何か、他の人を魅了する力があることを意味します。“tener duende”は例えば、芸術において特別な才能がある人に使います。

この表現はFederico García Lorca(フェデリコ・ガルシーア・ロルカ)という有名な詩人が初めて使いました。彼は“El duende en el arte flamenco”という有名な記事を書いたのですが、そこで“cantaora”というアーティストのフラメンコを賞賛する時に、この表現を使ったのです。

彼は「この作品は現世を超越した、神によって与えられた神秘的なものである」と讃えました。

私たちは歌手や俳優に対して「見事な技術を持っている」「人を魅了する不思議な力がある」と褒めたい時に“tener duende”と言います。

実際、芸術はミューズという芸術の女神と繋がっていると言われていますから、このような神秘的な表現はよく似合いますね。

 

Ana

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。