スペインの新年定番の習慣「1月の坂」とは?


Ecomスペイン語講師Ana
¡Hola a todos! EcomのAnaです!
さて、1月6日のクリスマス休暇が終わると、スペインでは“la cuesta de enero”(一月の坂)と呼ばれる現象が始まります。これは一体何でしょう?

クリスマスって大体、パーティーにプレゼントにレストランに…とにかくハッピーな時期ですよね。このシーズンは家族や友人で集まるので、何かと出費が増えます。
その上、クリスマスが終わるとすぐに待望の年末年始セールがあって、色んな物が安くなります。そこでみんな、ここぞとばかりに服やら家電やらの買い物をするわけです。前回の記事でも紹介しましたね。
しかもスペインでは2013年、電気料金などの価格が変わりました。例えば2014年から1月の電気料金が2%以上値上げされたので、寒い季節だからファンヒーターを使うと電気料金がこれまで以上に上がってしまいます。

こうした事情が重なって、スペイン人の1月は経済的にかなり厳しい月になります。クリスマスや年末セールや料金値上げなどで散々出費した分、今度は節約しないといけませんね。

 

スペインの新年定番の習慣「1月の坂」とは?

(taken from México feebo. Com)

“cuesta”(坂道)で歩いている地面が上り坂になっていたら、かなり労力がいりますね。坂を超えて頂上に着くには、自分のエネルギーをどこでどう使うかを考えて、目標をよくイメージしないといけません。1月の経済的な意味の坂も同じです。家族やルームパートナーと座って、収入と預金をよく計算しないといけません。スペイン人はこうして、困難な月をしのぎます。
私も今までは何とかなっていましたが、昨年から一人暮らしを始めたので両親が負担してくれていた分も自分で支払う必要があります。私にとっての「一月の坂」はまだまだ慣れませんが、ちょっと作戦を考えてみました。

 

その1:重要なものとそうでないもののリストを作ってみます。本当に必要なものだけ買って、残りは我慢します。バーゲンがあっても、本当に服を買う必要はないですからね。

 

その2:職場で食事を取る時は、家で作ってタッパーに入れた料理を持っていきます。こうして、最近急激に上がっている外食代を節約することができます。

 

その3:車を使う代わりに、自転車に乗ります。私の住んでいる町には、無料で自転車をレンタルできるサービスがあるんです!そこで自転車を借りて、街を移動します。ガソリン代の節約になる上に、ちょっと運動することで健康にもなりますね。

さて、私はこの「一月の坂」を乗り切れるのでしょうか?私が無事「一月の坂」を越えられるように、応援してください(笑)

 

Hasta otra,
Ana

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。