スペイン料理の定番、エスカルゴのレシピ


Ecomスペイン語講師Ana

こんにちは、Ecomのアナです。
数年前、私はアメリカのインディアナ大学でスペイン語を教えていました。そこで仲良くなったKacieとSarahという友人が、Sevilleに来てくれたことがあります。その時に2人がcaracoles(カタツムリ)を見て驚いたという話を以前しましたね。

そう、スペイン人は普通にカタツムリを食べます。そこで今日は、もう少し詳しくその文化についてお話します。
カタツムリの旬の時期は夏です。5月頃から食べることができる地域もありますが、せめて6月になるまでは最適な時期ではありません。6月頃から街のお店で“Hay caracoles”(カタツムリあります)という看板を見ることができます。

ただ家庭では、春の終わり頃からカタツムリはたくさんの料理の主役になります。”arroz con caracoles”, “conejo con caracoles”や、”bulging cabrillas en tomate”などが有名です。スーパーでも買うことができるので、家でも簡単に調理できます。かなり昔の時代から存在する、西ヨーロッパ文化の特徴でもあります。

 

スペイン料理の定番、エスカルゴのレシピ
では、カタツムリを一体どのように調理するのでしょうか?それは簡単です。スープを沸騰させ、ブロスとアロマハーブやペッパーを加えます。カタツムリを綺麗にしたら、スパイスとオレンジの皮、赤唐辛子、タマネギを加えて煮ます。頭とアンテナはまだくっついたままなので、目をつぶって食べてしまうのがベストです!(笑)つまようじを使って、取り出して食べてください。手にはナプキンを準備してくださいね、あごに辛いスープがこぼれてきますから!

私はCaracolesの季節が始まるのが待てません!私が住むAndalusiaでは本当に一般的な料理なのです。

皆さんの国には、何か変わった食べ物はありますか?みなさんが以前トライした、一番変な食べ物はなんですか?

Ana

今回の記事いかがでしたか?
Ecomスペイン語ネットではスペインや中南米の講師がマンツーマンで指導するオンラインレッスンもやっています。体験レッスンもあるので興味ある方はどうぞ。


無料で学習したい方はEcomサイトでスペイン語学習に役立つ動画が見放題。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。